FC2ブログ
2019年08月04日 (日) | 編集 |
いやあ~、暑い!
そして、この湿度。
連日ほぼほぼ100%…
昨日あたりからようやくからっとしましたが、
外に出るとフライパンの上にいるようです。
IMG_1660縮
エンジン始動後すぐの画像ではありません。
信号待ちしている時に撮ったものです。

そんな中、行ってまいりましたよ。
今季初の渓流へ。
勿論小生はテンカラ釣りです。
道東&道北のヤマベ解禁は7月1日から。
それから1ヶ月過ぎ、釣り人も落ち着いたのではないか?
ってな感じがして、今回初めてご一緒するフライマンと釣行。
彼のランクルで道北の山岳渓流へ。

朝5時出発のザワもどんより&蒸し蒸しでしたが、
着いてみると海からの湿った空気が山塊にぶつかり、霧雨状態。
アブの来襲と相まって、キツい遡上になりました。
30分ほど登った地点から竿を振りだすと、
来ました来ました!
ちょっとした深みにドライを浮かべ、
誘いを…
思った通りの場所で、
思った通りの出方、
そして、思った通りにヒットさせました。
この辺りはイワナ&アメマスが多いようです。

DSCF1206縮
尺越えアメマス連発。

今回初めてご同行させていただいたフライマンは、
大きな川や湖で、大物レインボーや大物アメマスを釣っている人。
屋根みたいにかかる木の枝など物ともせず、
見事にポイントに打ち込むベテラン。
久々の山岳渓流ということで、
初めのうちは合わせられず、
なかなかフッキングしませんでしたが、
慣れてくればバッチリ。
交互に先行しながら遡上するうちに…

DSCF1202縮
ようやく出始めたヤマベちゃん。
それも、20㎝オーバーの幅広ヤマベ。
精悍な顔つきです。
湿度がすごく、川面に霧が立ち込めています。
それでも30℃は越えているでしょう。
汗と霧で全身ずぶ濡れです。

途中の溜まりには、海から遡上したとみられる
50㎝オーバーのアメマスの群れ。
ただ、いつものことですが、
こいつらは喰いつかないんです。

そうこうするうちに目的地の砂防ダム下の深み。
その、1発目でした。

DSCF1209縮
強烈なアタリを見せたのは、
「泣き尺(尺=30㎝にわずかに届かない)」サイズの28㎝
見事な体高のヤマベ。
小生のヤマベ体長新記録です。
顔つきも逞しい、成熟した雄。
次世代の産卵のため、リリース。

かれこれ10年以上通っている川ですが、
イワナもアメマスもヤマベも、
これほど型がそろったのは初めてです。
勿論、ピンコ(生後2年未満の子ヤマベ)もたくさんいましたが…

食べるために釣っている小生は、
20㎝オーバーのヤマベ3匹と
喉奥にフッキングしたためフックを外すのに弱ってしまった尺アメ1匹を
キープして、あとはリリースなのでした。

今回のヒットフライは、これ!
IMG_1663縮
エルクヘアカディス。
新作のオリーブグリーンカラ―のボディです。
いつものピーコックボディのカディスにもヒットしましたが、
これが1番喰いつきが良かった。

フライマンさんも、大満足の釣行でした。



スポンサーサイト

2019年07月27日 (土) | 編集 |
ようやく暑くなってきました。
と、思ったら、すげ~蒸し蒸し
黙っていても汗だくベトベト。
北海道なのに…

で、こちらも虫々
今年もたくさんのお客様が庭を訪れてくれています。

IMG_1605縮
まずはクワガタの雌。
おそらく、ノコギリクワガタだと思われます。
今年は既に3匹も来ています。

IMG_1607縮
こちらは、キアゲハの幼虫。
初夏にフェンネルの株に必ず卵を産み付けます。
苦手な方は早々にとばしてください。
ごめんなさいね。

IMG_1600縮
こちらはお客様ではありません。
観葉植物「エバーフレッシュ」。
今年も花が咲きました。
夜には葉が閉じます。
とても爽やかで可愛い木。
現在、挿し木で増やしています。

この時期、
台風、豪雨、竜巻にご注意を!
したっけです!



2019年07月20日 (土) | 編集 |
いよいよ夏希さんの出番がやってきました。
北海道の初夏の大イベント「PMF」。
PMFは「パシフィックミュージックフェスティバル」の略。
「ラプソディー・イン・ブルー」でお馴染みの
レナード・バーンスタインが提唱した
世界的なクラシック音楽の教育イベントで、
様々なジャンルの若手クラシック音楽家を育てるために
毎年1ヶ月以上の期間、開催されているものです。
30周年記念のプレミアムコンサートは、
何と、マーラーの交響曲第8番変ホ長調!
夏希さんはその合唱団の一員として、
2回のステージに立ちます。
指揮は、マエストロ=クリストフ・エッシェンバッハ(…す、すごい!)。

小生、マーラーは初めて。
同時代のラフマニノフやサティはクラシックの中でも
1位2位を争う大好きさなのですが、
マーラーはあまりチェックしていませんでした。
今回、夏希さんが歌うにあたって、
マーラーについてメチャ調べてくれて、
大変勉強になりました。
詳しくは、右の「ハーブ&スパイス」を読んでください。

さて、忙しい日々。
ストレス解消は、ズバリこれ!
そう、料理です。
ちょっと前の写真ですが…

IMG_1594縮

小生は「美唄焼き鳥」が大好きです。
鳥の内臓を茹でたり蒸したりした後、
串に刺して焼いたものです。
味付けは塩コショウ。
美唄周辺の南空知人はみんな好き!(じゃない人もいますが…)
確か、全国ご当地焼き鳥に、
室蘭焼き鳥(豚串たれ味)とともに、
北海道代表として選ばれているはずです。
その昔、開拓時代に鶏は貴重な蛋白源。
内臓も無駄にはできませんでした。
炭鉱全盛期には、
重労働だった炭鉱マンのパワーの源となった串。
炭火で焼かなけりゃいけないキマリです。
ただ、いろいろな部位が刺されており、
部位によって好き嫌いも。

じゃあ、好きなモツを刺したら、もっといいじゃない!
…ということでやってみました。
オリジナルモツ焼き

今回は、
    砂肝
     豚タン
      豚腸
       鳥ぼんぼち

が美味しそうに陳列されていたので、
部位に応じた茹で時間でアクと臭みを抜いた後、
串に刺して焼きました。
思った通り、柔らかく、香ばしく、旨味満載で、
ビールが進む(道産子はやっぱりサッポロクラシック)。

ご飯は、
旬のワラビと天かまと松山揚げの炊き込みご飯。
ワラビのサクッとしてネッとりした食感が美味い!

IMG_1595縮
こちらは豚挽肉をトマトとひよこ豆と玉ねぎとうちのハーブで
タコライス用のタコにしたものの一部を
ボローニャソース風にアレンジして、
茹でたマカロニと絡めたオリジナル料理です。
庭のパセリのみじん切りを
たっぷり載せていただきました。
いやあ~、赤ワインがすすむ!

や、やばい!
また、腹が出っ張ってくる!





2019年07月15日 (月) | 編集 |
夏希さんともども忙しい日々ですが、
ちまちまと作っています。
じゃないと、ハンドメイダーを名乗れませんので。

まずは、すでに大活躍しているこれです。

IMG_1580縮
素焼きの蚊取り線香置き。
ぶたさんのが定番ですが、
ムーミンハウスから発想をいただきました。

IMG_1315縮
反対側はこんな感じ。
もちろんノエルがモデル。
ランプシェードにもなります。

お次はこちら。
IMG_1619縮
魚を釣るルアーです。
これはスプーンとよばれるもの。

ルアー釣りを始めてから、
ぼうず(=1匹もつれないこと)にならないまでに上達したあたりで、
改良やハンドメイドに興味を持ちました。

そこで作ってみたのが、このスプーンです。
スプーンを作ったのはこの1ケだけ。
実はこれ、七宝焼き。
夏希さんと結婚する前…
今から30年も前に作ったものです。

去年、同僚と渓流へ行きました。
まだ若い同僚は、フライもやりますが、
基本ルアーマンです。
その時は、小生がテンカラを伝授する形でしたが、
小生も10年ぶりにルアーロッドを振りたくなりました。
ただ、小生のタックルボックスには、
錆びたり欠けたりしたルアーばかり。
でも、新調するお金がない。
ならば、リメイクしちゃえ!
ってことで、アワビシートでリメイクしました。

30年前に作ったと言っても
見るからに釣れそうにないルアーだったのですが、
今回アワビシートをかけると、
見るからに釣れそうに変身するから不思議です。

一点モノのフルハンドメイドなので、
“ K style ” ブランドに加えました。

他にリメイクしたものを紹介すると、
IMG_1621縮
何と、40数年前、当時人気だった釣り漫画に影響を受け、
札幌のアメリカ屋漁具店で購入したスプーンです。
まだ小学生だった小生には、
お高いスプーンなど買えるはずもなく、
「ひと山いくら」のルアーを買いました。
1ケ100円くらいのものでした。

どうですか?
これなら釣れそうでしょ。
買ったら1000円近くするんじゃないでしょうか?

さて、どこの川に行こうかな。
狙うはニジマスかアメマスか…



2019年07月05日 (金) | 編集 |
ご無沙汰しています、吉之亟です。
なにかとバタバタで、
6月はとうとうアップゼロ…
ブログを始めてから、
初めて穴を開けた月でした。
すみません、これからがんばります!

さて、こんなTシャツを見つけました。

IMG_1422縮

見た瞬間、「これだ!」
すぐさまレジへ。
これ考えた人すごい。
なまらリスペクト。
来シーズンは、スキーウェアの下に
これをメインで着ます!