2017年03月21日 (火) | 編集 |
日曜日に歌志内市のかもい岳で
テクニカルプライズの検定会がありました。
岩見沢連盟テクニカルコースの受講生さん5名も受けるので、
そのサポートとVTR撮影に行ってきました。

DSC_5785縮小版
当日は快晴で雪がよく締まっており、
最高のコンディションです。
今回は毎年使っている最急斜面のバーンではありませんでした。

DSC_5782縮小版
スタート付近からは、石炭の露天掘りが見えます。

DSC_5789縮小版
不整地小回りも西側のコブ斜面ではなく、
東側に作られたコブ斜面でした。

小生が受検した時より、ゆるいなあ。

DSC_5794縮小版
閉会式の様子です。
受検者は全部で50人。
合格者は何と11人!
テクニカルコースからも2名が合格!
おめでとうございます。

前走は技術選を終えたばかりの小森彩未SAJデモ。
小生が合格したときも小森デモでしたが、
あの時より格段に巧くなっていました。
来年の技術選もがんばってください!

閉会式で小森デモも言っていましたが、
全般的に体を倒しすぎる傾向が見られました。
その結果、谷回りが軽くなりすぎて、
しっかりと板に働きかけることができていません。
ターンの切り替えから素早く板を踏んでいく操作が、
今後ますます求められていくでしょう。
技術選の動画でチェックしてみると
よくわかると思います。
踏めていない人は板のR通りしかターン弧を描けず、
浅いターンになっていました。
合格した人との差が、
そこに出ていたと思います。

いずれにせよ、テクコースのおふたりさん、
合格おめでとうございました。
雪が解けたら、祝勝会をやりましょう。
今回涙を飲んだみなさん、
きっちり修正して、合格目指してがんばってください。

DSCF4441縮小版
在りし日のノエルです。
猫は暖かいところを見つける名人ですね。



スポンサーサイト

2017年03月14日 (火) | 編集 |
3月12日(日)をもって、
わがホームゲレンデ「萩の山スキー場」がクローズしました。
標高が低く、南斜面の通称「ハギー」は、
例年雪ぐされが早く、3月中旬にはクローズします。
記録的少雪の今季は、更に早かった…

DSC_5455縮小版
写真は12月11日のハギーのジャイアントコースです。
ハギーの中で一番の急斜面。
われらの練習コース。
この写真はオープン直前。

DSC_5456縮小版
よく見ると、オープンを待ち切れず、
担いで登り、滑ったスキーヤー&ボーダーのシュプールが。

3月は例年、ハギークローズの1週~2週前に、
このジャイアントコースが先にクローズします。
先日も、小生は動いているリフトを降りてから、
面倒にも、えっちら登ってこのコースを滑ったのでした。
キツい、でも楽しい…
我ながら、ご苦労さん!

さて、今季から基礎スキー最高峰の国内大会、
「全日本スキー技術選手権大会」が北海道にやってきました。
要は、日本で一番巧いスキーヤーを決める大会です。
ザワ(岩見沢)からも選手が出場しているので、
応援に行きたかったのですが、
仕事が空かず、例年通りザワから応援しました。

われらが尾崎勇紀選手はスーパーファイナルに残り、
全体の26位でした(最高位25位)。
来年は最高位更新も行けそうです。
がんばれ尾崎選手!

鴨野俊行選手は41位、
女子の部では鴨野里奈選手が25位と、ザワ勢頑張りました。

毎年応援している、かもい岳連盟の小森彩未選手は28位。
来季はもっと上位に行けるようがんばってほしいです。
応援しています!

来週はその「かもい岳」でテク検があります。
岩見沢連盟テクコースの受講生も受検します。
小生はそのサポートとビデオ撮りに行きます。
受講生のみなさん、がんばってください!

それが終われば、いよいよ「春キロロ」が待っています。
今から楽しみです。

DSCF4145縮小版
若きノエルの面白写真です。
はっ、腹が…



2017年03月05日 (日) | 編集 |
還骨法要、初七日と、つつがなくお勤め致しました。
その様子は夏希さんのブログ
「ハーブ&スパイス」にアップされています。
小生も夏希さんも、読経できるので
家族でしっかりと送ってあげました。

その間、親友Tちゃんのお父様が亡くなられたり、
ボイラーが壊れて取り替え工事があったり、
夏希さんが熱を出したり(インフルではありませんでした)、
何かと忙しかったので、
今日は思い切ってスキーを休み、
体を休めつつ伯父のお見舞いに行ってきました。

先週はバッジテストの検定員を普通に行っていました。
そうして、ノエルがいない生活に慣れていくんですね…

ザワ(岩見沢)はすっかり春めいてきました。
もう、どっと降ることはないでしょう。
今季の積雪のピークは下の写真のとおりです。

DSC_5722縮小版
2月初めの出勤前に撮った写真で、
まだ薄暗いのです。
雪かきも20分もかからないで終わります。

豪雪の年はどのくらいあったかというと…

DSCF4406縮小版
こんな感じです。
今季がいかに少雪か一目瞭然ですね。
この年は朝5時~7時まで2時間、
帰宅してから2時間、
毎日計1日4時間の雪かきでした。

ああ、今季は本当に楽をさせてもらいました。
来季もこうだといいのですが、
柳の下に二匹目のどじょうはいないでしょうね…

DSC_5730縮小版
ノエルがまだ元気な時の写真です。
幸せそうに寝ています。





2017年02月23日 (木) | 編集 |
皆様に残念なお知らせをしなければなりません。
今朝、ノエルが旅立ちました。
ずっと通院治療だったのですが、
やはり血糖値がどうしても下がらず、
容態も安定していたところから、
お医者さんの判断で初入院し、インスリン点滴を続けました。
今朝4時30分頃には首を持ち上げてお医者さんを見たそうです。
でも、7時前に行った時には心臓が止まっていたということです。
看取ることはできなかったものの、
最期まで懸命に治療してくださったお医者さんには感謝感謝です。

実は今日、仕事が休みなのでした。
そんな日を選んで逝くとは、
最期まで親孝行なねこです。

ノエルは捨て猫でした。
三笠の市立病院付近で保護され、
みかさわんにゃんボランティアが里親を探していました。
その写真が夏希さんの目に留まり、
我が家にやってきました。
ちょうど10年前の出来事です。

それからの我が家は激動の10年間でした。
眠れない日々が続いたことも度々でした。
でも、ノエルが私たち家族を支えてくれたのでした。
ノエルがいなかったら、
乗り越えることができなかったに違いありません。
そして我が家に平穏が訪れたその矢先でした…
そんなノエルだからこそ、
もっともっと長生きしてほしかったのに…

どんなに感謝の言葉を尽くしても、足りない…
私たちを癒し続けてくれたノエル。
ノエル、ありがとう。
本当に、ありがとう。
さいごまでしっかり送ります。
だから、どうか安らかにね。

CIMG0125縮小版

CIMG0249縮小版
10年前に我が家にやってきたばかりのノエルです。
まだ表情があどけないです。

2017年02月22日 (水) | 編集 |
ノエルが具合悪くなって今日で1週間。
検査の数値的には他の臓器の機能は上向いてきていますが、
やはり膵臓のダメージが大きく、
結果的に血糖値が大きく上がり、
食べることも出すこともできません。
それでも水を飲んでおしっこをすることはできます。
膵臓の炎症を何とか止めようと、
ノエルは今日も病院へ行きます。
昨夜病院から帰って来てからは、
ずっと寝ています。

DSC_5746縮小版
がんばれ、ノエル!

ノエルが元気だった先々週に作りました。
久々のハンドメイド。
ト音記号のバターナイフです。
2年前に作ったノエルモデルのまな板の木っ端で作りました。
材料は日高の緋桂です。
フィニッシュオイルとして、
クルミの身をお茶の袋に入れて、
つぶして袋ごと擦って仕上げました。
ものすごく脂が滲み出てきます。
DSC_5744縮小版

ノエルの看病がんばります!