2017年09月19日 (火) | 編集 |
先週の土曜日に夏希さんの伯父さんが亡くなりました。
1年前からの闘病入院生活。
前住職だった伯父さんには、
言葉に尽くせないご恩をたくさん頂きました。
そして、自らの死をもって
更に様々なことを今まさに教えてくださっている伯父さん…
明日が本通夜、明後日が葬儀式。
それまでにも勤行や仮通夜が4日間にわたって行われ、
改めてお寺の葬儀の凄さを実感しています。

伯父さんとの思い出を夏希さんが綴っています。
右の「ハーブ&スパイス」を是非お読みください。

一昨日、そんな伯父さんの「教え」にふけっていると、
庭からカンタン(邯鄲)の鳴き声が聞こえてきました。
子どもの頃から大好きなカンタンの音…

小学生の頃、
楽しかった夏休みが終わり、
すっかり早くなった夕日に背を押されて下校する道すがら、
哀愁を帯びたカンタンの鳴き声を聞くと、
どうしようもなく、やるせなくなったものでした。

我が家のキッチンの勝手口に、
マロウとタンジーの混生した一叢(ひとむら)があります。
毎年野良カマキリくんがお気に入りにしている叢なのですが、
今年はカマキリくんがいません。
その分、カンタンたちのお気に入りになっています。

IMG_0371縮
いました、雄のカンタンくん。
この子は鳴いていませんでした。

IMG_0375縮
ふと見ると、この一叢を横断するブラックベリーで
激しく動き回る別の個体がいました。
余りに動きが激しいので、撮るのに苦労した雄のカンタンくん。
声の主はこの子でもありません。

IMG_0376縮
激しく動いていた理由はこれかな?
すぐ横のタンジーの花の上で、
カンタンのペアが交尾していました。
花の上で… なんてロマンチックなんだ…
と、考えるのは人間ゆえ。
当人(虫)たちは、命がけの行為。
鳥や蜂に狙われやすい瞬間だから。
もしかすると、激しく動く雄くんは、
隙あらばこの雌くんを寝とろうと考えていたのかも知れません。
鳴いていたのはこのペアの雄カンタンくんでもなかったようです。

IMG_0382縮
いました、いました。
タンジーが寄りかかっているブドウの葉の影で、
別嬪さんおいでおいで、と羽を立てて鳴いていました。
ルルルル… とも、 ポポポポ… とも聞こえます。
子どもの頃から、「生の終わり」を感じさせた、カンタンの音。
伯父さん…

結局、この一叢に5匹のカンタンがいました。
命を受け継ぎ、また来年も彼らの子らがここで鳴いてくれるでしょう。

伯父さんの子や孫やすべての関わった人々も、
伯父さんの命や教えを受け継いでいくことと思います。

伯父さん、長いことお疲れさまでした。
のの様のもとでお幸せにお暮しください。






スポンサーサイト

2017年09月12日 (火) | 編集 |
またまた大きなプロジェクトを終え(心底疲れたわ~)、
土曜日にスキーブーツを新調しに行きました。
目的地は、前回も購入した札幌の「モイワ山荘」さん。
今回は夏希さんがステージ用の靴を新調したので、
そのインソールづくりのために夏希さんも一緒です。
そう、モイワ山荘さんは、シューフィッターとしても有名なのです。
名だたるスキー技術選の選手たちも同店でブーツをカスタマイズしています。

ブーツのフィッティングだけでなく、
様々なマル秘情報も丁寧に教えてくださり、
目からウロコがてんこ盛りで、行っていかった~!

ブーツはラング。
小生の足は「甲高どんコロ」で合うブーツはラングなのです。
足形を取るのに、夏希さんとキャーキャーはしゃいでしまいました。
楽しい!
先にインソールを作ってもらった夏希さんは
その美脚に磨きがかかりました。
店主さん曰く、
「合唱コンクールで美脚部門があったら、
 金賞まちがいないですね」
そのくらい立ち姿が変わりました。
すげぇな、シューフィッターのチカラ!

小生のインソールはもう少し時間がかかるので、
できたら取りに行ってきます。

IMG_0350縮
テク検&準指検、共に闘ったラングくんともこれでサヨナラ。
ねこのノエルがよく枕にして寝ていました。

親愛なるブーツくん、
貴下は我々スキーバカのために、
孤軍奮闘勇気を持って戦ってくれた。
その勇志を称え、ここに貴下の名を永遠に留めん。
ディア マイ デッドソルジャー!

IMG_0356縮
このインソール、実は小生のスケートにぴったり合うのです。
それを話すと、加工し直して、おまけに補強までしてくれました。
店主さんも元アイスホッケープレイヤー。
ありがたいことです。
もうロートルになった「バワー2000」。
学生時代にバイトに精出し、お金を貯めて買ったものです。
プレイヤーとしても、
レフェリーとしても、
共に修羅場をくぐった戦友。
手放せないんだよなあ。




2017年09月02日 (土) | 編集 |
久々に何もない休日。
午前中、ちょっと行ってきました。

DSCF1174縮
いつもの近場の川。
新作の毛鉤を試すためです。
和式の毛鉤。
それもシンプルに黒一色。
ラインを通すリリアンだけは赤にしました。

がっちりと新作毛鉤を咥えこんだニジマスくん。
25㎝の若造。
まだパーマークが残っています。

この後、40㎝級が喰いついてきましたが、
ランディング間近でラインを切られてしまいました。
まさかそんな大物がいると思わなかったので、
0.3号のミチイトを使っていたのです。
逃がした獲物は大きい…

DSCF1176縮
まあ、このサイズでも数が出て、練習になりました。

和式の毛鉤も楽しかったです。
「誘い」をくれてやれるのは、テンカラならでは。
そして、その誘いに乗ってくれた時の充実感は
何とも形容しがたい…


2017年08月30日 (水) | 編集 |
ご無沙汰していました。
なかなかアップできず
すみませんでした。
結局、お盆休みは1日だけ…
今年はバタバタの夏でした。

それでも、
夏希さんと十数年ぶりに札幌ドームに行きました。
北海道コンサドーレ札幌の試合です。
8月前半のことです。
相手は横浜F・マリノス。

IMG_0305縮
ああ、この雰囲気、懐かしいなあ…

ひょんなことから、ペアチケットが当たったのです。
それも、試合の数日前に届いたのでした。
忙しい中でも、うれしいサプライズ!
これはもう行くしかないっしょ。

コンサドーレがJリーグ入りして、
初めて観戦に行った試合も横浜マリノスでした。
俊介に決められて負けた…
子どもたちが小さかった頃は、
ゴール裏で歌って跳ねまくっていたものです。

今回のシートは2番目に値段が高くて、
ゆったり試合を楽しむことができました。
試合はまた負けてしまったけれど、
応援歌も憶えていたし、
大声で叫んだし、
ビール(もちろん札幌クラシック)も美味かったし、
ストレス発散の楽しいひと時でした。

IMG_0311縮
夏希さん特製のトムヤムクン。
バジルもパクチーもうちの庭から「もいだ」もの。
夏はこれだな、やっぱり…








2017年08月01日 (火) | 編集 |
金土日と、道南に出張してきました。
この2週間は出張ありの休日無し。
2週間働き続けるのも癪なので…

土曜日の夕方に仕事が早く片付きました。
宿の夕食は7時からと遅いので、
2時間ほど、入渓してきました。
車のトランクには常時テンカラセットが積まれているのです。

道南は美しい渓流がたくさんあります。
澄み切った水に、仕事の疲れも癒されます。

以前入渓したことのある川に行ってみると…
橋の上からルアーマンのカップル
(アベックと言ったら若い人に笑われました)の姿が見えました。
ありゃりゃ。
いざ入渓の段になって、
餌釣りを終えたおじさんも下ってきました。
魚籠(びく)の中をを見せてくれたのですが、
良型をそろえておりました…
う~ん…
渓流では先行者がいると場が荒れて釣れなくなります。
しかも、ふた組もか…

だが、まてよ、
ひとりは餌釣り。
もうひと組はルアー。
前の晩は温泉の窓にカディスが張り付いていた。
…となると、ここはドライフライの登場か。
実績のあるエルクへアカディス。

狙いは見事的中。
イワナ・ヤマベ込みで30匹くらい。
「ピンコ祭り」ではありましたが、
良型もそろえました。
(因みに、ピンコとは新子と書き、
 その年に生まれた小さいヤマベのことです。
 天ぷらにすると頭から骨ごとメッチャ美味い)

IMG_0276s.jpg
小生手巻きのエルクへアカディスを
がっちり咥えたイワナくん。
まるまると太っていて、なかなかの引きを楽しませてくれました。

いつもは良型のみキープして、
家族の胃袋を満たしてくれるのですが、
今回は出張中なので、全てリリースしました。
小生はいつもピンコをリリースするので、
フック(釣針)に「かえし」は付いていません。
そのためライン(釣糸)が緩むとバレて(外れて)しまいますので、
そのやり取りも面白い!

ドライフライは、「目で釣る」と言われます。
水面に落ちた瞬間に、バクッと飛びついて来たとき、
あるいは、流れに乗せて狙ったポイントで食いついてきたとき、
最高に気持ちのいい瞬間です。

疲れた出張だったけれど、
至福の時もちょっぴり過ごすことができました。