2017年09月24日 (日) | 編集 |
伯父さんの葬儀、つつがなく終了しました。
土曜日に息をひきとってから、
金曜日まで、まる1週間にわたる法要。
特に木曜日の葬儀式には朝から6つの勤行がありました。
たくさん勉強になりました…

今年の2月から何度も危ないとの連絡を受け、
その度持ち直していたダイ・ハードな伯父さん。
いつ連絡が来るかと冷や冷やしていた半年間で、
夏希さんは心身ともにお疲れモードです。

いろんな人、いろんなことに出会わせていただいたこの1週間。
充実した、というのとは一寸違いますが、
とても中身の濃い時間を過ごさせていただきました。
自分自身も夏希さんも、
大きく大きく成長させていただいたと実感しています。
伯父さんが命をもって気付かせてくれたこと、
これほどの教えがあるでしょうか。
伯父さん、ありがとう。
本当にお疲れさまでした!

さて、昨日も仕事があり、
ようやく休めた今日、
庭に出てみると、珍客が勝手口で日向ぼっこしていました。
サンダル置き場のすのこの上からぴゃっと飛び降りて壁へ。

IMG_0407縮
カナチョロくんではありませんか。
あらまあ、ようこそ!

しかも、二個体。
IMG_0411縮
こちらは少し大きめの個体。
先ほどのは、おチビちゃん。

朝夕寒くなったので、
昼間に暖かい壁に引っ付いています。

IMG_0410縮
大きい方が、口を開けて何やら言っているようです。
「あっち行け!」と言っているようでもあり、
「よろしくな!」と言っているようでもあり…

IMG_0416縮
陽が傾き、壁ではなく、ウインターセボリにしがみつく
おチビちゃん。

この辺りが気に入ったのか、
全く逃げようとしません。
まあ、エサとなる昆虫もたくさんいることだし、
冬眠まで、いてもいいよ。

子どもの頃、
大好きで、
家で飼いたくて飼いたくて飼いたくて、
連れて帰るたびにお袋に怒られていました。

大好きなカナチョロ(ニホンカナヘビ)くん。
来てくれてありがとう!
とってもうれしいよ!



スポンサーサイト

2017年09月19日 (火) | 編集 |
先週の土曜日に夏希さんの伯父さんが亡くなりました。
1年前からの闘病入院生活。
前住職だった伯父さんには、
言葉に尽くせないご恩をたくさん頂きました。
そして、自らの死をもって
更に様々なことを今まさに教えてくださっている伯父さん…
明日が本通夜、明後日が葬儀式。
それまでにも勤行や仮通夜が4日間にわたって行われ、
改めてお寺の葬儀の凄さを実感しています。

伯父さんとの思い出を夏希さんが綴っています。
右の「ハーブ&スパイス」を是非お読みください。

一昨日、そんな伯父さんの「教え」にふけっていると、
庭からカンタン(邯鄲)の鳴き声が聞こえてきました。
子どもの頃から大好きなカンタンの音…

小学生の頃、
楽しかった夏休みが終わり、
すっかり早くなった夕日に背を押されて下校する道すがら、
哀愁を帯びたカンタンの鳴き声を聞くと、
どうしようもなく、やるせなくなったものでした。

我が家のキッチンの勝手口に、
マロウとタンジーの混生した一叢(ひとむら)があります。
毎年野良カマキリくんがお気に入りにしている叢なのですが、
今年はカマキリくんがいません。
その分、カンタンたちのお気に入りになっています。

IMG_0371縮
いました、雄のカンタンくん。
この子は鳴いていませんでした。

IMG_0375縮
ふと見ると、この一叢を横断するブラックベリーで
激しく動き回る別の個体がいました。
余りに動きが激しいので、撮るのに苦労した雄のカンタンくん。
声の主はこの子でもありません。

IMG_0376縮
激しく動いていた理由はこれかな?
すぐ横のタンジーの花の上で、
カンタンのペアが交尾していました。
花の上で… なんてロマンチックなんだ…
と、考えるのは人間ゆえ。
当人(虫)たちは、命がけの行為。
鳥や蜂に狙われやすい瞬間だから。
もしかすると、激しく動く雄くんは、
隙あらばこの雌くんを寝とろうと考えていたのかも知れません。
鳴いていたのはこのペアの雄カンタンくんでもなかったようです。

IMG_0382縮
いました、いました。
タンジーが寄りかかっているブドウの葉の影で、
別嬪さんおいでおいで、と羽を立てて鳴いていました。
ルルルル… とも、 ポポポポ… とも聞こえます。
子どもの頃から、「生の終わり」を感じさせた、カンタンの音。
伯父さん…

結局、この一叢に5匹のカンタンがいました。
命を受け継ぎ、また来年も彼らの子らがここで鳴いてくれるでしょう。

伯父さんの子や孫やすべての関わった人々も、
伯父さんの命や教えを受け継いでいくことと思います。

伯父さん、長いことお疲れさまでした。
のの様のもとでお幸せにお暮しください。







2017年06月18日 (日) | 編集 |
お袋の引っ越し、無事(?)終わりました。
まあ、いろいろありました…
引っ越し後もいろいろあります…

そんなこんなで土日もかかりっきり。
畑ができないでいましたが、
昨日、ようやく苗を植えました。

IMG_0221縮小版

IMG_0222縮小版

何とか畑らしくなりました。
ジャガイモは去年掘り残した芋が芽を出していたので、
こないだ出勤前の早朝に、
ちゃんと畑に植え直してあげました。
そのため、様々な種類が混在。
生長具合と葉の形が違いますよね。

裏庭の草取りをしていてビックリ!
5月に収穫したウドから「二番ウド」がオガっていました。
(生長用ウドは残してありますが、それではありません)
細いのですが柔らかく、苦みも少なく、
それなのに香り鮮やか。
さっそく、あぶらげと一緒に炒め煮しました。
ウドの鮮烈な香りを吸ったあぶらげが何とも…
IMG_0220縮小版
日本酒が進みました。
因みに、もずく酢に添えてあるのは三つ葉。
これもうちの裏庭で藪の如くオガっている三つ葉です。

三つ葉どやって食べよう?
小エビと一緒にかき揚げかな?

2017年04月30日 (日) | 編集 |
もう一回くらい行きたいなと思っていた春キロロですが、
仕事があったり、下の子が帰省したりと、
時間がとれなさそう…
前回のスキー試乗会で今シーズンの納板としました。
我ながらお疲れさん!
楽しかった…

さて、GWが始まった昨日(29日)のこと。
夕方に下の子を千歳空港に迎えに行く予定だったのですが、
昼過ぎに真っ黒い雲が!
突然バラバラバラと雹が降り、雷ドドーン!
家が揺れました。

IMG_0052縮小版
見る見る庭が真っ白に。

IMG_0055縮小版
大豆大の大きな雹。
雷と雹と来れば竜巻。
2階の窓を順繰り見ながら雲の流れを観察しました。
幸い竜巻は発生しませんでしたが、
GWの始まりは波乱含みでした。
3日からの後半戦は、
いい休みになるといいな。

IMG_0060縮小版
雷もようやくおさまり晴れ間が見えてきました。
2階の窓を開けて畑を見ると、
キトビロ(行者大蒜)畑もこの様子。
慌てて畑に行くと、キトビロくんの葉がボロボロになっていました。
このままにしておくと傷んでしまうので、
1株に付き1枚葉を残して、早速収穫。

IMG_0063縮小版
今夜はキトビロをさっと茹でて、
何も付けずににいただきましょう。

IMG_0062縮小版
コゴミもこんなに採れました。
これもさっと茹で、何も付けずにいただきました。

下の子とは銀婚旅行以来の再会。
元気そうで何より。
春の命で乾杯しました。
ああ、うちの庭の春の恵み。
今年も1年、生きることができました。
ありがたいことです。

2016年10月02日 (日) | 編集 |
今年はカマキリ君を育てていないので、
ちょっぴり寂しい我が家の庭。
でも、いました、素敵なお客様が。

DSC_4569縮小版
カンタンくんが「ルルル…」と鳴いていました。

小学生の頃、
楽しかった夏休みが終わり、
日一日と陽が短くなり、
夕日に背中を急かされながらの下校時に、
カンタンの寂しげな鳴き声を聞くと、
何ともやるせなくなったものでした。

学生時代に過ごした旭川では、
「市の虫」に制定されています。

今も大好きな虫…
でも、やっぱり鳴き声を聞くと、
何ともやるせなくなるのでした。

DSC_4571縮小版
この頃、うちの庭にはキノコがオガらなくなりました。
キノコがかわいくて仕方のない小生には、
寂しい限り。
ようやく見つけた、きつねのちゃぶくろ。
早速、ぱふぱふ!
軽くつつくと飛び出る胞子が面白い。
物心ついた頃からの楽しみ。

※「オガる」=「生える」

DSC_4631縮小版
すっかり寒くなり、
ねこのノエルが出窓で日向ぼっこするようになりました。
窓の外にうちのキュウリが成っております。
後で食べようっと!