2013年06月21日 (金) | 編集 |
増毛シリーズの最終章です。
今回は本間家のトイレ。
まずは写真を見てください。

DSC_0210縮小版

実に興味深いです。
下のたらいにたまるんですね。
相当古そうですが、いったい何時頃作られたものなのでしょうか?
それにしても、すごいアイディアです。
小生の子どもの頃は、「ぼっとんトイレ」で怖かった記憶があります。

子どもたちが自立した後に建てたいと思っている家のプライベートトイレは、
個室ではなく広い部屋にしたいと思っています。
トイレも調べてみると、ホントにいろんなデザインがあって、
それぞれ好みがはっきり分かれ、
人間にとってそれほど大切なものなのだと痛感します。
本間家のトイレには、執念に近い愛情を感じました。

DSC_0096縮小版

ねこのトイレも、ずい分と進化していますね。
ノエルのトイレはすぐに固まって、
水洗トイレに流せるタイプです。
匂いもあまり気になりません。
ノエルは快食快便!
でも油断すると、おしっこが詰まってしまいます。
ここ6年ほど詰まってはいませんが、
今でも毎日トイレを観察して、
ちゃんとおしっこしているか、確認しています。

スポンサーサイト

2013年06月17日 (月) | 編集 |
古い建物を見学すると、
囲炉裏や火鉢が目につきます。
小生、土間と並んで欲しいのが囲炉裏。
「暖房」兼「調理」兼「集いの場所」として、最高ですよね。
これは増毛町(ましけちょう)本間家の囲炉裏と火鉢。

DSC_0211縮小版

DSC_0223縮小版

DSC_0207縮小版

いろいろなタイプの囲炉裏がありました。

北海道で囲炉裏だけで暖を取ることは不可能だし、
気密が良すぎて煙が出て行かないので、
特別の工夫が必要なようですが、
「暖炉」ともまた違う焚火感覚がよいのです。
最近の北海道の家は、ストーブがありません。
ボイラーから温かい液が部屋中をめぐり、
パネルから暖気が出るパネルヒーティングが主流です。
でも、火が見えないと、何となく寂しいものです。
直火って北海道民のみならず、現代人のあこがれですよね。
家に囲炉裏がある人はいますか?
いたら、いろんなこと教えてもらいたいです。

DSC_0169縮小版

冬はねこのノエルをだっこして寝るのが温かい…

2013年06月16日 (日) | 編集 |
小生、家づくりにうるさい…
何故かと言うと、
幼少より官舎暮らしで、一軒家に憧れを持っていたのです。
夏希さんは一軒家暮らしが長い。
結婚当初、そのことを話すと、
夏希さんはお金を貯めて、家をプレゼントしてくれたのでした。
すごいでしょ?
二人暮らしを始めた頃は、
月給12万ですよ!
すぐに長女が生まれて、
食っていける訳がない!
それでもちゃんと貯金をして、
30代前半で家を建ててくれました(涙)。

その時、どんな間取りがいいか充分話し合い、
小生はツーバイフォー工法を勉強して、
自分で製図を引きました。
ほとんどその通りにできました。

でも、ひとつだけできないことが…
それが「土間」です。
小生、めちゃくちゃ土間が欲しかった。
客間でもあり、作業所でもあり、遊び場でもある。
実は小生の大学生時代の借家に土間があったのです。
(ブログ「大学に一番近い家」〝ファーブル屋敷〟参照)

昨日行った増毛(ましけ)町の「本間家」の建物に
素晴らしい土間が…

DSC_0222縮小版

床は土ではなく石敷(札幌軟石?)
どうです?この磨かれた板。
反対から見たらこんな感じ。

DSC_0229縮小版

突き当りは台所。
竈などもありました。
いいなあ、土間。
小さくてもいいから欲しい。

DSC_0149縮小版

今は「座敷ねこ」だけれど、
かつては「どらねこ」、
将来、土間があれば、おそらく「土間ねこ」になることでしょう。