FC2ブログ
2019年07月15日 (月) | 編集 |
夏希さんともども忙しい日々ですが、
ちまちまと作っています。
じゃないと、ハンドメイダーを名乗れませんので。

まずは、すでに大活躍しているこれです。

IMG_1580縮
素焼きの蚊取り線香置き。
ぶたさんのが定番ですが、
ムーミンハウスから発想をいただきました。

IMG_1315縮
反対側はこんな感じ。
もちろんノエルがモデル。
ランプシェードにもなります。

お次はこちら。
IMG_1619縮
魚を釣るルアーです。
これはスプーンとよばれるもの。

ルアー釣りを始めてから、
ぼうず(=1匹もつれないこと)にならないまでに上達したあたりで、
改良やハンドメイドに興味を持ちました。

そこで作ってみたのが、このスプーンです。
スプーンを作ったのはこの1ケだけ。
実はこれ、七宝焼き。
夏希さんと結婚する前…
今から30年も前に作ったものです。

去年、同僚と渓流へ行きました。
まだ若い同僚は、フライもやりますが、
基本ルアーマンです。
その時は、小生がテンカラを伝授する形でしたが、
小生も10年ぶりにルアーロッドを振りたくなりました。
ただ、小生のタックルボックスには、
錆びたり欠けたりしたルアーばかり。
でも、新調するお金がない。
ならば、リメイクしちゃえ!
ってことで、アワビシートでリメイクしました。

30年前に作ったと言っても
見るからに釣れそうにないルアーだったのですが、
今回アワビシートをかけると、
見るからに釣れそうに変身するから不思議です。

一点モノのフルハンドメイドなので、
“ K style ” ブランドに加えました。

他にリメイクしたものを紹介すると、
IMG_1621縮
何と、40数年前、当時人気だった釣り漫画に影響を受け、
札幌のアメリカ屋漁具店で購入したスプーンです。
まだ小学生だった小生には、
お高いスプーンなど買えるはずもなく、
「ひと山いくら」のルアーを買いました。
1ケ100円くらいのものでした。

どうですか?
これなら釣れそうでしょ。
買ったら1000円近くするんじゃないでしょうか?

さて、どこの川に行こうかな。
狙うはニジマスかアメマスか…


スポンサーサイト




2019年04月20日 (土) | 編集 |
本日、ようやくセカンドカーを夏タイヤに換えました。
スキーに行くための車は、まだスタッドレスです。
明日も行くからです。

さて、もうすぐお孫ちゃんが初来道します。
その時に、娘に持たせるために、
箸置きを作りました。

IMG_1388縮
上の3つは、1200℃で焼きました。
固くて丈夫に焼けました。
これなら福岡に送っても大丈夫でしょう。

素焼きだと大体750~800℃。
この方が時間がかからず簡単なのですが、
柔らかくて壊れやすい。
下のシャム柄は800℃です。
ノエルの前のねこがシャム柄だったので…
でも、案の定、昨夜尻尾が折れました。

いろいろ試しています。

明日はテイネでザワの仲間にコブレッスンを少々。
なぜ「少々」かというと…
重い物運び過ぎてテニスしていないのにテニスエルボーに。
3週間湿布しても痛みがとれず、とうとう通院。
そのため、明日は「少々」になりそうです。








2019年04月13日 (土) | 編集 |
なかなか、暖かくなりません。
朝はマイナスの日が続いています。
でも、今日は気温が上がって、
庭の雪解けもすすんでいます。
西側の畑の雪が無くなりました~!

新しい職場に慣れるのでやっと。
忙しい日々です。
でも、こんな物も作ってみました。

IMG_1372縮
何かというと、
指揮者が使うタクトです。
シャンペンのコルクを材料に、
握りやすさを追求した庶民的なタクトは、
これまでもしばしば作っていました。
でも、ちょいと高級感があるものを作りたい、
と考えていたら、調度良い材料がありました。

一昨年、親戚の集まりで飲んだ時、
従兄が「ザ・ニッカ」を持ってきました。
「ザ・ニッカ」と言えば、ウイスキーの高級品。
その瓶のキャップが、上部に木、口にコルク、という代物でした。
その木が固くて美しい。
おそらく、オークなのでは?
(オークかどうかは、今でもわかりませんが…)

仕事の合間に、ちまちま丸く形成しました。
でも、やっぱり固いので、ほんとに少しづつ…
握り具合が良くなるまでに1年ちょっとかかりました。

IMG_1373縮
因みに、棒の部分は釣り竿の先。
大きい釣具屋さんに行くと、
いろいろな太さの穂先が売っています。

もう1つタクトを作りました。
バターナイフを作った時の余りの黒檀に、
コルクをつけたものです。

IMG_1376縮
「ザ・ニッカ」のキャップより更に固い黒檀。
これも形成するのに、ものすごく時間がかかりました…

2本とも重心バランスがバッチリ!
振りやすいタクトになりました。

あとは、握りと棒のジョイント部分を仕上げれば
本当の完成!
…でも、いつになるのでしょうか?

ハンドメイド楽し!



2019年04月07日 (日) | 編集 |
小生、4月1日付で職場が変わり、ずい分と近くなりました。
どのくらい近いかというと、歩いて15分かかりません。
いや~っ、通勤ドライブのストレスがなくなりました!

そんな、こんな、でバタバタしていますが、
行きますよ、ええ。
どこにって?
もちろん、春スキーです。

IMG_1392縮
というには厳しいの戻り。
今回は札幌在住のスキー仲間M氏(高校の後輩だと後で知った)と
キロロではなく、国際に行きました。
積雪とガスと地吹雪のお出迎え。
タイトなバーンコンディション。
そんな中でもテク検の事前講習で、受講生さんたち頑張っていました。

実は国際(札幌国際スキー場)は2回目。
1回目は10年ほど前、
シーズンオープンで11月下旬に小樽のNさんとご一緒。
その時はコースが限られていたので、ほぼほぼ今回が国際って感じです。
急斜面の少ないのが難ですが、いいスキー場ですね。
コブ練ならばキロロ長峰コース
純粋に楽しむなら国際、ってところですね。

IMG_1394縮
そろそろ上がろうって時に、晴れ間が見えました。
異動があったので、今季はあまり行けそうにありませんが、
もう1~2回は滑りたいと思っています。

さて、そんな中でも、ちまちまと作っています。
ハンドメイダーとしての意地とプライドです(なんじゃそりゃ…)
IMG_1367縮
お馴染みのバターナイフ。
今回は木目の美しい「栓」の木を使いました。
ジョイフルAKで100円しなかった木っ端。

IMG_1369縮
お気づきでしょうか? 左利き用です。
前回黒檀で作ったバターナイフと形が対称になっています。

お馴染みのクルミの実でオイルフィニッシュしました。
栓とクルミの、とってもいい匂いがします。

次は何を作ろうかな?






2019年03月10日 (日) | 編集 |
本日、マイホームゲレンデの
「萩の山スキー場」(ハギー)がクローズしました。
今季積雪の多かった岩見沢ですが、
2月後半からの晴天にどんどん雪が溶けていき、
南斜面であるハギーには、すでに土が…

今年度、岩見沢連盟では
レース用の電光掲示板を購入したので、
納会としてタイムレースを開催しました。

IMG_1290縮
ゴール前で一度停まり、
くじを引きます。
「そのままゴール」「じゃんけんで勝ったら…」「風船を割って…」
運も大事。

今シーズンの疲れが、
楽しいひと時で癒されました。
役員のみなさま、お疲れさまでした。

さて、指導員検定の勉強中にやりたくてたまらなかったこと、
それは、読書とハンドメイドです。
ええ、ええ、読みまくっていますよ。
ホントに我慢してました。

その合間に作ってみました。
高級木材の黒檀を使って、バターナイフを。
ナイフで削って、紙やすりで磨いて、牛革で光沢を。

IMG_1293縮
これは右利き用。
曲線が右手にフィットするよう計算しました。

IMG_1297縮
まるでプラスティックの様な光沢です。

いやあ~、ハンドメイドは楽しい!
たまった疲れも吹っ飛びました!