2017年03月28日 (火) | 編集 |
日曜日にMtレースイで開かれた
パドルクラブのスキー試乗会に行ってきました。

DSCF1158縮小版
とっても良い天気。
夕張岳が光っています。

DSCF1140縮小版
おお、わが母校、千代田中学校。
数年前に閉校し、
最後の卒業式に参列させていただき、
中学生と一緒に涙ながらに校歌を熱唱してきました。
これで保育園、小学校、中学校、高校と、
全て無くなったのでした。

話が横道に逸れてしまいました。
本題です。

DSCF1149縮小版
まずは、オガサカKS-CX。
小生あまりオガサカの板は相性良くないのですが、
ニューモデルはがらっと変わったとの前情報で、
試してみました。
選んだのは軽量化したセカンドモデル。
「軽い」ってことは、とっても素敵だと、
フォルクルプラチナムSDスピードウォールを
履いてみてよくわかりました。
…オガサカにありがちなヌルっとした感じが全くなく、
押せば跳ね返る楽~な滑りが可能。
それでいて安定感もしっかり。
小回りベースですが、大回りもいけました。
肩の力を抜いて楽しめる板。
…欲しい~っ!

DSCF1150縮小版
いつも試乗会で履くことができなかった板がこれ、
ロシニョールデモアルファR-21レーシング。
何を隠そう、小生足が小さく、ブーツのソールサイズが300ありません。
そのため、いつもいつも履けなかったのです。
因みに愛板はデモアルファソフト。
愛しちゃってます!
ただし、デモアルファは残念ながら162センチしかなく、
この長さだと、なめらかな感じがせず、ガツガツしていました。
…167試して~っ!

DSCF1154縮小版
3本目は本命、
ヘッドワールドカップレベルズ i スピード。
ロングターン用の板が欲しいので、
試乗会の時は毎回履いています。
今回は激混みでなかなか順番が回ってきませんでしたが、
やっぱり安定しています。
トップからしっかり弧を作って行けました。
ただ、i GS - RD の方がもっとガンガン行けそうです。
… i GS もっかい乗りて~っ!

DSCF1152縮小版
今回イチ押しの板、
ロシニョールHEROマスターR21WC M-18。
低速から高速まで吸い付くような安定感。
トップの食い込みからテールの抜け出しまで、
とことん弧を描く楽しみが堪能できます。
もちろん大回りの走りも抜群ですが、
小回りも結構いけました。
次回試乗会で、いろいろな長さを試したい一台。
他のHEROシリーズも乗ってみたいと思いました。
これ合ってるわ!
…欲しい~っ!!!!

4月に入っても試乗会はまだまだ続きます。
次はキロロかな…!?

DSCF4206縮小版
トイレ掃除する夏希さんから離れないノエル。
幸せそうな顔をしていました。





スポンサーサイト

2017年03月21日 (火) | 編集 |
日曜日に歌志内市のかもい岳で
テクニカルプライズの検定会がありました。
岩見沢連盟テクニカルコースの受講生さん5名も受けるので、
そのサポートとVTR撮影に行ってきました。

DSC_5785縮小版
当日は快晴で雪がよく締まっており、
最高のコンディションです。
今回は毎年使っている最急斜面のバーンではありませんでした。

DSC_5782縮小版
スタート付近からは、石炭の露天掘りが見えます。

DSC_5789縮小版
不整地小回りも西側のコブ斜面ではなく、
東側に作られたコブ斜面でした。

小生が受検した時より、ゆるいなあ。

DSC_5794縮小版
閉会式の様子です。
受検者は全部で50人。
合格者は何と11人!
テクニカルコースからも2名が合格!
おめでとうございます。

前走は技術選を終えたばかりの小森彩未SAJデモ。
小生が合格したときも小森デモでしたが、
あの時より格段に巧くなっていました。
来年の技術選もがんばってください!

閉会式で小森デモも言っていましたが、
全般的に体を倒しすぎる傾向が見られました。
その結果、谷回りが軽くなりすぎて、
しっかりと板に働きかけることができていません。
ターンの切り替えから素早く板を踏んでいく操作が、
今後ますます求められていくでしょう。
技術選の動画でチェックしてみると
よくわかると思います。
踏めていない人は板のR通りしかターン弧を描けず、
浅いターンになっていました。
合格した人との差が、
そこに出ていたと思います。

いずれにせよ、テクコースのおふたりさん、
合格おめでとうございました。
雪が解けたら、祝勝会をやりましょう。
今回涙を飲んだみなさん、
きっちり修正して、合格目指してがんばってください。

DSCF4441縮小版
在りし日のノエルです。
猫は暖かいところを見つける名人ですね。




2017年03月14日 (火) | 編集 |
3月12日(日)をもって、
わがホームゲレンデ「萩の山スキー場」がクローズしました。
標高が低く、南斜面の通称「ハギー」は、
例年雪ぐされが早く、3月中旬にはクローズします。
記録的少雪の今季は、更に早かった…

DSC_5455縮小版
写真は12月11日のハギーのジャイアントコースです。
ハギーの中で一番の急斜面。
われらの練習コース。
この写真はオープン直前。

DSC_5456縮小版
よく見ると、オープンを待ち切れず、
担いで登り、滑ったスキーヤー&ボーダーのシュプールが。

3月は例年、ハギークローズの1週~2週前に、
このジャイアントコースが先にクローズします。
先日も、小生は動いているリフトを降りてから、
面倒にも、えっちら登ってこのコースを滑ったのでした。
キツい、でも楽しい…
我ながら、ご苦労さん!

さて、今季から基礎スキー最高峰の国内大会、
「全日本スキー技術選手権大会」が北海道にやってきました。
要は、日本で一番巧いスキーヤーを決める大会です。
ザワ(岩見沢)からも選手が出場しているので、
応援に行きたかったのですが、
仕事が空かず、例年通りザワから応援しました。

われらが尾崎勇紀選手はスーパーファイナルに残り、
全体の26位でした(最高位25位)。
来年は最高位更新も行けそうです。
がんばれ尾崎選手!

鴨野俊行選手は41位、
女子の部では鴨野里奈選手が25位と、ザワ勢頑張りました。

毎年応援している、かもい岳連盟の小森彩未選手は28位。
来季はもっと上位に行けるようがんばってほしいです。
応援しています!

来週はその「かもい岳」でテク検があります。
岩見沢連盟テクコースの受講生も受検します。
小生はそのサポートとビデオ撮りに行きます。
受講生のみなさん、がんばってください!

それが終われば、いよいよ「春キロロ」が待っています。
今から楽しみです。

DSCF4145縮小版
若きノエルの面白写真です。
はっ、腹が…



2016年04月23日 (土) | 編集 |
今日は雨。
それでもキロロはスキーヤーでいっぱい!
…なのかなあ?

滑りに行きたい気持ちは山々なのですが、
今日もお持ち帰りの仕事。
夕方から夏希さんと温泉に行きたいなあ…
それでは1週間前のキロロの様子を!

DSC_4267縮小版
おお、余市岳。
今年の夏は登ってみたいです。

DSC_4273縮小版
長峰Bコースの頂上付近。
雪が1mほどの高さで吹き溜まっています。
黒っぽい雪(写真の下半分)がそれまでの雪。
その雪の上に昨夜降った雪が風に集められて
蒲鉾状に白く盛りあがっているのでした。
上に乗っているスキーヤーと比べれば、
その高さがわかります。

DSC_4279縮小版
すっかり有名になった長峰Bコースの長い長~いコブ斜面。
その長いコブラインは、ここからスタートします。

DSCF4982縮小版
ここがゴール地点。
たっくさんのスキーヤーがコブに挑戦しています。
小生はここに折りたたみ椅子を置いて、
コブを滑ってはひと休み。
ポカポカ陽気で気持ちよく、
コブを滑るスキーヤーを見ているだけでも楽しいのです。

今回は1回の滑りの中で、
3ターンずつ「バンクライン」と
「縦に落とすライン」を繰り返す練習をしました。
3つ下のコブを見て、その形状から
どのラインにするかを瞬間的に決めて、
ターンを選択できるようにするためです。
多様な滑りがコブの中での安定感と
美しいターン弧を生みます。
練習成果はバッチリでした!

昼前から小樽の同志Nさんが
忙しいにもかかわらず合流してくれました。
シーズン初めとシーズン終わりは、
ほぼNさんがご一緒してくれます。
今シーズンは泣く泣くこれにて納板。
来シーズンも頑張ります!

DSC_4192縮小版
ノエル超アップ!
モフモフ毛並みなのですが、
手触りはマッチョの固筋肉。
こんなねこ、はじめて。







2016年04月17日 (日) | 編集 |
ようやく行けましたよ。
どこに行けたのかって?
もちろん、キロロスキー場ですよ。
そして、今季はこれにて納板なのです。
この春、職場と配属が変わり、バタバタなのです。
残念ながら今季の「春キロロ」は1回きり…
とほほなのでした。
…では16日(土)の春キロロリポートを!

ザワ(岩見沢)の自宅からは
霞がかかって札幌連峰は見えませんでしたが、
前日とは打って変わっての快晴、無風。
高速に乗ると、くっきりと余市岳が見えてきました。
ああ、心が躍る。

ところが小樽に入ってびっくり!
前日にかなり雪が降ったらしく、
毛無峠は路肩にかなり積もっています。
キロロへの道に入ると夏タイヤでは危ない状況。
駐車場はこのとおり!
DSC_4266縮小版
小生、こんなこともあろうかと、
毎年「春キロロ詣で」が終わるまで
スタッドレスのままなのです。

お陰様で、バーン状況はこの時期では考えられないほど良好。
DSC_4281縮小版
長峰コースから見る余市岳。
ザワから見る余市岳はちょうど90度左からなので
結構三角形をしていますが、
キロロ方向からだと屏風型ですね。
ジュニアがレッスンをしていました。

DSC_4271縮小版
オーンズ・スキー学校の先生方も研修に余念なく、
二班に分かれて熱心に練習していました。

DSCF4978縮小版
日差しが出ると汗ばむくらいなのですが、
キロロの木々はこのとおり!
樹氷が美しく輝いていました。

つづきは次回!

DSC_4122縮小版
羽毛布団の布団カバーを洗うのに、
外した途端走って来てバタン。
気持ちよさそうに寝息をたてはじめました。
ノエルの布団じゃないのになあ…