2016年04月23日 (土) | 編集 |
今日は雨。
それでもキロロはスキーヤーでいっぱい!
…なのかなあ?

滑りに行きたい気持ちは山々なのですが、
今日もお持ち帰りの仕事。
夕方から夏希さんと温泉に行きたいなあ…
それでは1週間前のキロロの様子を!

DSC_4267縮小版
おお、余市岳。
今年の夏は登ってみたいです。

DSC_4273縮小版
長峰Bコースの頂上付近。
雪が1mほどの高さで吹き溜まっています。
黒っぽい雪(写真の下半分)がそれまでの雪。
その雪の上に昨夜降った雪が風に集められて
蒲鉾状に白く盛りあがっているのでした。
上に乗っているスキーヤーと比べれば、
その高さがわかります。

DSC_4279縮小版
すっかり有名になった長峰Bコースの長い長~いコブ斜面。
その長いコブラインは、ここからスタートします。

DSCF4982縮小版
ここがゴール地点。
たっくさんのスキーヤーがコブに挑戦しています。
小生はここに折りたたみ椅子を置いて、
コブを滑ってはひと休み。
ポカポカ陽気で気持ちよく、
コブを滑るスキーヤーを見ているだけでも楽しいのです。

今回は1回の滑りの中で、
3ターンずつ「バンクライン」と
「縦に落とすライン」を繰り返す練習をしました。
3つ下のコブを見て、その形状から
どのラインにするかを瞬間的に決めて、
ターンを選択できるようにするためです。
多様な滑りがコブの中での安定感と
美しいターン弧を生みます。
練習成果はバッチリでした!

昼前から小樽の同志Nさんが
忙しいにもかかわらず合流してくれました。
シーズン初めとシーズン終わりは、
ほぼNさんがご一緒してくれます。
今シーズンは泣く泣くこれにて納板。
来シーズンも頑張ります!

DSC_4192縮小版
ノエル超アップ!
モフモフ毛並みなのですが、
手触りはマッチョの固筋肉。
こんなねこ、はじめて。






スポンサーサイト

2016年04月17日 (日) | 編集 |
ようやく行けましたよ。
どこに行けたのかって?
もちろん、キロロスキー場ですよ。
そして、今季はこれにて納板なのです。
この春、職場と配属が変わり、バタバタなのです。
残念ながら今季の「春キロロ」は1回きり…
とほほなのでした。
…では16日(土)の春キロロリポートを!

ザワ(岩見沢)の自宅からは
霞がかかって札幌連峰は見えませんでしたが、
前日とは打って変わっての快晴、無風。
高速に乗ると、くっきりと余市岳が見えてきました。
ああ、心が躍る。

ところが小樽に入ってびっくり!
前日にかなり雪が降ったらしく、
毛無峠は路肩にかなり積もっています。
キロロへの道に入ると夏タイヤでは危ない状況。
駐車場はこのとおり!
DSC_4266縮小版
小生、こんなこともあろうかと、
毎年「春キロロ詣で」が終わるまで
スタッドレスのままなのです。

お陰様で、バーン状況はこの時期では考えられないほど良好。
DSC_4281縮小版
長峰コースから見る余市岳。
ザワから見る余市岳はちょうど90度左からなので
結構三角形をしていますが、
キロロ方向からだと屏風型ですね。
ジュニアがレッスンをしていました。

DSC_4271縮小版
オーンズ・スキー学校の先生方も研修に余念なく、
二班に分かれて熱心に練習していました。

DSCF4978縮小版
日差しが出ると汗ばむくらいなのですが、
キロロの木々はこのとおり!
樹氷が美しく輝いていました。

つづきは次回!

DSC_4122縮小版
羽毛布団の布団カバーを洗うのに、
外した途端走って来てバタン。
気持ちよさそうに寝息をたてはじめました。
ノエルの布団じゃないのになあ…


2016年03月22日 (火) | 編集 |
北海道もすっかり春めいてきました。
雪解けが進み、我が家の庭も少し土が見えてきました。

全日本スキー技術選手権大会が終わりました。
われらが尾崎勇紀選手は第27位と健闘しました。
本人は納得いっていないかもしれませんが、
上位のほとんどの選手がプロかセミプロという状況の中で、
仕事をしながら本当によく頑張っています。
決勝まで残った北海道勢の中では第6位の成績。
すばらしい。
来季はルスツで開かれるらしい。
当然応援に行きたい!
尾崎選手、期待しています!

さて、この連休は「かもい岳」で
準指導員合格者養成講習と
C級検定員の検定会がありました。
午前中にスキーをはいて実技講習があり、
午後から理論の筆記試検や座学の講義です。
4月にキロロで受検するみなさんは、
ある程度しっかり勉強しておく必要があるようですよ。
結果は、受講者全員合格!
もちろん小生も合格し、
これにて無事「準指導員」と「C級検定員」として認定されました。

DSC_4141縮小版
頂いたバッジです。
お金も時間もかかりましたが、
とりあえず、一発合格ということで、
最小限の出費で済み、何よりでした。

DSC_4142縮小版
テクニカルプライズのバッジと合せて、
3つのバッジホルダーになりました。

DSC_4110縮小版
ねこタワーに登ったノエル。
しっぽの形が面白い。
ワオキツネザルのしっぽみたいです。

2016年03月12日 (土) | 編集 |
全日本スキー技術選手権真っ最中!
我らが尾崎勇紀選手は本選25位と奮闘中!
がんばれ尾崎選手!
ただ、残念ながら、女子の小森彩未選手は、
今季は決勝に残れませんでした。
来季がんばってください!
応援しています!

さて、今日は準指導員受検が終わってから
2週間ぶりに板をはきました。
小樽のNさんはじめ、スキー仲間たちと
テイネへ行ってきたのです。

DSCF4968縮小版
楽しい楽しい仲間たちのとのフリーライド!
今まで準指導員検定の練習で我慢してたから、
余計伸び伸びでした。

DSCF4972縮小版
今日のテイネは突然ドカッと降ったり、
太陽が差したり、安定ない天気。
それでも、オーシャンダイブ(聖火台)から見る海はいいなあ。
このコース、大好き。

それから、もう一つの楽しみ、スキー試乗会。
来季の板で気になる一台があり、
試乗してきました。

DSCF4963縮小版
大雪が降っていたので、雪が付いたままでごめんなさい。
ヘッドの「ワールドカップレベルズ i-RACE」基礎用です。
他にもいろいろ試しましたが、今回試した中で抜群の板。
きちんと働きかけると、きゅいーんと走る。
ただ、ヘビーな板なので、やわな筋肉だと、膝を傷めそう。
ポジションを若干後ろにすると、優しくズレてくれますが、
キャンバーの板なので、前がかりになると、
ズラすのにも力がいる。
それでも、ぎゅんぎゅん飛ばすのにはもってこいの板。
愛機「ロシニョール デモαソフト」とは正反対の感じです。
どうしよう… 欲しくなっちゃった…

Nさん、みなさん、楽しいひと時をありがとう。
今度は「春キロロ」でご一緒しましょう!

DSC_4105縮小版
夏希さんが料理を始めると、
必ずここにたたずむ、ねこのノエル。
じゃまくさいんだよなあ…
 ※臭い訳ではありません。
   北海道ではよく、○○くさい、と表現します。
   ばかくさい、あいてくさい… などなど

DSC_4107縮小版
夏希さんが何かこぼすのを待っているのです。
でも、そうそうこぼさないよ!
ああ、じゃまくさい!

2016年03月02日 (水) | 編集 |
準指導員受検が終わりホッとしたせいか、
体中「きて」しまいました。
毎日、お風呂とシップでメンテナンスしています。
体にも相当ストレスがかかっていたんですね…

さて、毎日たくさんの方に来ていただいて、
新記録更新の日々です。
常連様、ご新規様、そして夏希さんのブロとも様、
本当にありがとうございます。
これに懲りずに、またいらしてください!
面白い記事を書けるよう頑張ります!

さて、題名は国産のスキー板です。
先日、北海道新聞で国産スキー板の記事が載っていました。
ハガ、カザマ、ヤマハなどの(懐かしい)名前が出ていましたが、
小生は「アジアスキー工業(アジア商会の子会社、後に独立)」
のスキー板が大好きでした。
特に「イレブンシリーズ」は小生のお気に入り。
蛍光イエローの板に大きく黒で「11」とプリントされ、
シンプルながらもインパクト大でした。
その中でも通称「ブラックイレブン」と呼ばれる板がカッコよかった。
当時アニメ「宇宙戦艦ヤマト」が大ヒットし、
小生たちには艦載機「ブラックタイガー」が大人気でした。
それをそのままプリントした感じ。
乗ったことがないので性能は全く判りませんが、
「大きくなったら絶対買う!」と決めていた板でした。
残念ながらアジアスキー工業は会社をたたみ、
イレブンの画像も残っていません…

しかしです!
今期のロシニョールのデモαが、なんとこのカラー。
しかもシンプルなデザインで、
一目ぼれだったのでした。
DSC_4094縮小版
小生の板はデモαソフト。
すっかり足に馴染み、
準指導員検定を共に闘った同志となりました。
憧れだったアジアスキー工業の「ブラックイレブン」にも似て、
手放せない逸品になりました、うれしい!

DSC_4095縮小版
キッチンの床で、
「さけとば」を狙う、ねこのノエル。
だめだってば、ノエルが食べるとおしっこが詰まるから。
間もなく我が家に来て9周年を迎えます。