2013年10月23日 (水) | 編集 |
合唱の定期演奏会は無事終わりました。
前後して「雪虫」の大乱舞が始まりました。
風の穏やかな夕方に、青白い綿のような小さな虫が
まるで雪のように、それはそれはたくさん舞飛びます。
この虫は「トドノネオオワタムシ」と言います。
アブラムシの一種です。
この大乱舞は、北国の秋の風物詩。
詳しくことはいつか書きますが、
今年は初雪の後に大乱舞が始まりました。
こんなことは初めてです。
大体、大乱舞から1ヶ月で初雪、と言われていましたから。

そんな寒い日のノエルは…
DSC_0777縮小版
こんな感じです。
このままだとよくわからないので、
ちょっと引いてみました。
DSC_0778縮小版
完全な「ねこ玉」状態です。
余りに寒いので、
オイルヒーターをたいてみました。
すると…
DSC_0790縮小版
すかさず、ヒーターにくっつきました。
あぶないよ、ヤケドするよ!
スポンサーサイト

2013年10月19日 (土) | 編集 |
先日、初雪が降りました。
小生が知る限り、こんなに早いのは初めてです。
しかも、それは台風がもたらしたもの。
台風の時には気温が上がる、温かい風が吹く、
という常識を変えなければなりません。
空知野の平均的初雪観測日は、
10月25日前後だそうです。

さて、今年は我が家のブドウが大豊作。
これも記録的です。
上の子が生まれた日にブルーベリーの苗を、
下の子が生まれた次の日にブドウの苗を買いました。
(下の子は夜遅くに生まれたため次の日になりました)
DSC_0766縮小版
ブドウは気温と密接に関係するとか。
やはり、温暖化が進んでいるのでしょうか。
完全無農薬なので、皮ごと食べて、ポリフェノールたっぷり。
進んでいる老眼に、少しは役立ったかな…

明日は所属する合唱団の定期演奏会。
今夜は会場の「まなみ~る」で通し練習です。
石若雅弥さん作曲の
「金子みすゞ混声合唱組曲 このみちをゆこうよ」を歌うので、
夏希さんが石若さんのHPに演奏会案内を載せてもらいました。
よろしければ、ご覧下さい。

DSC_0246縮小版
このもふもふがたまらない。
そんな季節になりました…

2013年10月14日 (月) | 編集 |
寒くなってきました。
3連休も合唱三昧。
あと、お仕事も…

先日、ぽかぽか小春日和だったので、
庭の住人たちを見に行きました。

DSC_0759縮小版
こちらはキアゲハの幼虫君。
ちょうどウンチ君の最中でした。
うちではなぜか、ニンジンではなくフェンネルにたくさんつきます。

DSC_0763縮小版
そして、これがアゲハの幼虫君。
通称「キャタピー」
(子どもたちがポケモンに夢中になっていた頃が懐かしい…)
こちらは「ルー」というハーブにつきます。

それにしても、成虫はよく似ているのに、
幼虫時代は全く違う姿。
おそらく陸続きの氷河期に
北方系のキアゲハが北から、
南方系のアゲハが南から、
北海道へやって来たのでしょうね。
キアゲハが食べるのはセリ科(北方系)、
アゲハが食べるのはミカン科(南方系)。

そう言えばマンモス(北方系)とナウマンゾウ(南方系)も、
同時期に混生していたと先日報道されていました。
おもしろい…

DSC_0756縮小版
庭から見たねこのノエル。
ひなたぼっこが大好き。
今日もお日様求めてごろごろ。

2013年10月07日 (月) | 編集 |
雨上がりの晴れた朝、
久々に空知野の周囲の山々が襞までくっきりうかび、
余市岳がひときわ美しいなだらかな山容を見せてくれました。

もう一月もせずに初雪が降ります。
いつの間にか、秋も深まっていました。

このところ合唱づけの毎日。
週2回の定期練習のほかに、
イベント合唱
集中練習
他団体の演奏会
そう、毎年、秋は合唱三昧なのです。

土曜日は他団体の演奏会。
昨日は集中練習で朝から夕方まで歌い続けました。
今夜も定期練習。
なかなかスキーの夏トレがはかどりませんが、
そんな感じで、体は使い続けております。

週末はNコン全国コンクール。
これも毎年の楽しみ。
札幌琴似中がどこまで食い込むか。
結果は結果として、伸びやかに、
今持っているものすべてを出し切ってほしいです。

DSC_0579縮小版
ねこのノエルは毛づくろいに余念がありません。
抜け毛もピークを過ぎましたが、
これもまた、秋を感じさせる風景。

2013年10月01日 (火) | 編集 |
お待たせしました。
馬刺しでの初めての体験…
それは…
何と…

馬のレバ刺し

なのでした!

いやあ、目からウロコと申しますか、
灯台下暗しと申しますか。
なんで今まで気が付かなかったんだろう。
きっと、まさか売っているなんて思わなかったからでしょうね。
これが、実に実に美味かった…
歯ごたえよし!
臭み無し!
甘み充分、旨み充分!

DSC_0744縮小版
そりゃあ、生肉では一番ウマいお馬さんですから、
レバーだってこれがウマいはずですよね。
まずは、普通に刺身で食べてみました。
DSC_0743縮小版
付け合わせは、沖縄料理の「ニンジンシリシリ」。
馬にニンジンなんて、夏希さん、冴えてるわ~
そういや、レバ刺しのお飾りは人参の葉と小さな人参。
この洒落が一番の薬味。
夏希さんゴチです!

さて、レバーがあまりに美味しいので、
いろいろいじりたくなりました。
レバーの「づけ」やら、レバ串やら、レバ刺しのサラダ風やら…
何をしても逸品のレバ刺しでした!

DSC_0556縮小版
よく見ると、ゾウの顔のようなノエルの後ろ姿。