2013年11月30日 (土) | 編集 |
いよいよ本格的に雪が降り出しました。
これは根雪になるのかな…って感じです。
DSC_0962縮小版
今朝の様子です。

夜中に除雪車が入ると、
た~っぷりと雪を置いて行かれます。
目の前の道路は、住宅街にしては珍しく広く、
よく、ご近所さんが集まって、
子どもも大人も混じってサッカーをしたものでした。
除雪車は道路の真ん中(車1.5台分)しか取っていかないうえに、
横からはみ出た雪の塊をごっそりと置いていきます。
幅は、家の塀から1.5m~2mほど。
量はその日によりますが、大体膝から腰まで。
それを30mほど離れた雪捨て場に
せっせと運びます。
朝5時から2時間弱。
でも、それだけでは終わらない日が多いのです。

それを運ぶ道具がこれ!
前に言っていた「ママさんダンプ」
なぜ、「ママさん」なのか…
全くわかりませんが、
小生の幼少時より、この通り名でした。
おそらく北海道では「ママさんダンプ」で通じると思います。
DSC_0936縮小版

さて、雪降る直前のノエルです。
DSC_0939縮小版
日向ぼっこでぐっすり…
…と、思いきや、次の瞬間、
DSC_0945縮小版
あれ? いい匂いがするにゃあ…
夏希さんが作るお昼ご飯の匂いに反応するのでした。


スポンサーサイト

2013年11月26日 (火) | 編集 |
わが家の冬の食卓の定番は、
「にしん漬け」です。
夏希さんは「にしん漬け名人」。
毎年、これが楽しみでなりません。
今年も夏希さんが漬けてくれました。
DSC_0907縮小版
内地でも売っているのでしょうか?
一晩米のとぎ汁につけた鰊の身欠きを大き目に
しかも、大量に切って入れます。

昔、樺太生まれのお袋が嫁に来て、
姑である祖母(秋田生まれの小樽の女(ひと))と一緒に
にしん漬けを作っている時、
身欠き鰊を超でかく切ったお袋に
祖母が「あんたも浜の娘だね」と言ったそうです。
売っているにしん漬けは、
身欠きがほんのちょびっと…
DSC_0910縮小版
麹、大根、ニンジン、キャベツ、生姜、
今年は昆布も、樽に入れました。

DSC_0923縮小版
約1週間で浅めに漬かりました。
今夜の晩餐。
にしん漬けメインに、イカとカブのたきもの、マグロサラダ、
宗八ガレイの焼きもの、デザートのブドウ。
いやあ~ビールと日本酒が進みます。

あれ!? 角度を変えて撮ってみると…
DSC_0924縮小版
何か写っています。
物欲しそうな顔で…
キャベツも、鰊も、カレイの焼き物も、
ノエルの大好物。

にしん漬けはお酒とも合いますが、
これのお茶漬けがたまらない!
特に古漬けになったものに
ワザビとお茶…
何杯でもいけます。
こんなに健康的なものを食べていて、
メタボな訳ないっしょ!
今日の夏希さんのブログで、
小生がメタボって書いていましたが、
お腹ポッコリでも、
決してメタボではありません。
夏希さんのご飯を食べていれば、
メタボになんかなりません。
あしからず…

DSC_0927縮小版
料理ピント…

DSC_0928縮小版
ノエルピント…








2013年11月24日 (日) | 編集 |
冬囲い作業中の庭を撮ってみました。
先々週の雪がすっかり融けました。
DSC_0929縮小版
ロケット(ルッコラ)が美味しそう。
小生、これが大好きです。
サラダのほか、
肉や魚料理の飾りにもなるのですが、
手巻き寿司の具としてもグッド。
実は「おしたし」も美味しいのです。
ただ、売っているのはちょびっとだけなので、
あまり茹でて使うということは
一般的にはしませんよね。
この時期のは辛いのも混じっているので、
刻んで、皿に盛った冷たいそばに沢山かけて、
そばサラダ風に食べても美味です。

DSC_0931縮小版
今年も実をつけてくれたブルーベリー君。
本格的な根雪になる頃、
ビニールシートで囲います。

DSC_0934縮小版
今年は諦めていた「なめこ君」が顔を出していました。
直径5cmくらいに大きく育てて、
これもそばの具として楽しめます。

DSC_0906縮小版
何だか子猫のようなノエル。
どうしたんだろう…
おっさんなのに…

2013年11月23日 (土) | 編集 |
いやあ、降ったも降ったり…
11日の朝です。
DSC_0888縮小版
ざっと40数センチ。
コロフェスタで疲れた体に鞭打って、
朝の5時から1時間以上重い雪と格闘しました。
その後、小生が仕事に行っている間に
除雪車が入り、腰まで重雪を置いて行ったそう。
帰宅したら、夏希さんが死んでいました。
ホントに死んだ訳ではありません…

その雪も、すっかり消えたのですが、
寒さ本番。
…で、ねこのノエルです。
冬のノエルの定位置は、

①パネルヒータの上で寝る。
DSC_0885縮小版


②そのパネルヒータの横でごろごろしている
 小生の脇の下にハマる。
 
 これは写真がそのままだとバッちくなるので
 加工しました。
 (誰も小生のすね毛など見たくないでしょう!)
DSC_0901縮小版


③ソファに座る夏希さんにしがみつく
DSC_0919縮小版

…どれも幸せそうなノエルなのでした。

2013年11月17日 (日) | 編集 |
コロフェスタ練習の合間に、
「坂の町」小樽を歩いてみました。
DSC_0845縮小版
まだ初雪が残っていました。
小樽市民会館の周りの公園です。
DSC_0847縮小版
落ち葉が陽に輝いて
とてもきれいでした。
DSC_0877縮小版
ホテルの部屋からのオーシャンビュー。
日暮れが早く、
部屋についた時には、
すでに薄暗くなっていました。
春に、もう一度泊まって、楽しみたい景色です。
DSC_0748縮小版
ねこのノエルは元気いっぱい。
ひとしきりじゃれた後、
毛づくろいです。

2013年11月11日 (月) | 編集 |
この土日に、小樽に行ってきました。
全国的合唱イベント「コロフェスタ」に出るためです。
夏希さんと一緒に歌い、聴き、勉強し、充実した2日間でした。

小樽は前日に初雪が降ったそうで、
いたるところに雪が残っていました。
DSC_0839縮小版
会場の小樽市民会館です。
急な坂道を登った所にあります。
ずい分、古い建物ですね。
椅子もキツかったです。

DSC_0833縮小版
女声合唱の練習の時、
ふらりと外に出てみました。
向かいの裁判所との間から、
天狗山スキー場が見えました。
今は亡き親父(小樽出身)の「ホームゲレンデ」でした。
小生はまだ一度も滑ったことがありません。
今シーズンこそ、小樽のスキー仲間Nさんと
一緒に滑りたいと思っています。

小樽旅行の内容は、
今後追々アップします。

ちなみに今朝の岩見沢です。
DSC_0883縮小版
ああ、明日の朝は、
5時起きで「雪かき」だ~!
豪雪地岩見沢では、雪は「はね」ません。
「ダンプ」と言う名の「雪運び機」で運びます。
毎朝2時間の重労働。
ひどい日には一日2回も3回も…
お陰で毎年夏のビールで突き出た腹が、
割れるほど凹みます。
体も充分痛みますが…
そして夏にはまた突き出るんです(トホホ…)

DSC_0813縮小版
ねこのノエルも、
毛布にくるまりました。

2013年11月05日 (火) | 編集 |
今日、岩内町の斉藤武一さんの紙芝居を見てきました。
斉藤さんは元保育士さん。
泊原発(北海道唯一の原発、三基ある)建設決定直後から
36年にわたって温度計とバケツを持って海水温を測っている人です。
現在は塾を経営しながら、全道各地を回り、
泊原発をはじめ、放射能の危険性を紙芝居にして、
私たちに「事実」をお知らせしてくれています。

今回も新事実が目白押し。
泊原発に何かあった時、
どの位の時間でどの範囲に放射能が広がるか実験したそうです。
泊村から風船(自然に分解する環境に優しい風船)を
飛ばして調べたところ、
24時間以内に札幌から旭川かけて落ちていたそう。
ショッキングだったのはダムのある水源地の森に落ちていたこと。
当然ダム湖にも落ちます。
つまり、北海道のほとんどの水道水が飲めなくなる、
という事実です。
放射性物質は、塩素じゃ消毒できませんから…
そして、スリーマイルやチェルノブイリの歩んだ道を、
フクシマだけでなく日本全土の広範囲で
繰り返している事実。
本当に2020年に外国からのお客様を
お招きできるのでしょうか!?
危険なのにお招きすることが
「おもてなし」なのでしょうか!?
沢山の事を考えさせられた紙芝居でした。

DSC_0793縮小版
DSC_0794縮小版
のほほんと、ねこのノエル。
考えすぎて疲れた脳を
とっても癒してくれます。





2013年11月04日 (月) | 編集 |
昨日は午後から晴れたので、
ブドウの枝を剪定しました。

その際、家から20メートルと離れていない雑木林に、
なんと、なめこを見つけました。
少ししか生えていないので、
採らずに眺めるだけにしました。
DSC_0804縮小版
小生、キノコが大好き。
もちろん、食べるのも好きですが、
育てるのが好き。
我が家の庭には、椎茸、なめこ、舞茸、ムキタケのほだ木があります。
毎年楽しめていたのですが、
今年はどれもきちんと出ませんでした。
大変寂しかったのですが、このなめこで元気が出ました。
このなめこは、きっとナメクジ君やワラジムシ君たちに食べられてしまいます。
でも、彼らにとっても一生に一度食べられるかどうかの大ごちそうにちがいありません。
小生は写真で我慢。

DSC_0795縮小版
DSC_0796縮小版
DSC_0800縮小版
ストーブがついて、暖かくなり、ねこのノエルも活動的になりました。






2013年11月03日 (日) | 編集 |
午前中、町内会の冬囲い作業がありました。
役員の任期も間もなく終了。
肉体労働はこれが最後なのでした。
午後から雨が上がればブドウの剪定作業をしようと思っています。

さて、明日は合唱の練習で札幌に行きます。
来週小樽で全国的な合唱のイベント「コロフェスタ」が開催されます。
そのウエルカム演奏で、
長田 弘先生 作詩
松下 耕先生 作曲
「まだ失われていないもの」を歌います。
これは春に行われた「まなみ~る合唱セミナー」で初演された歌です。
松下先生直々のご指導と指揮で歌いました。
松下先生の熱いご指導、勉強になったなあ…
曲もセミナーのために書き下ろしたもので、
北海道の夜空をイメージしながら作られた部分もあるとか。
心に響く曲です。

因みに、小生自身の「秋の合唱三昧」最後を飾るステージです。
 聞いたり、
 歌ったり、
 指揮したり、
今シーズンもいろいろありました。
その中で、指導と指揮がことのほか充実していたので、
まあ、総合的には満足の年でした。
最後の仕上げ、小樽でしっかり歌って来ようと思います。

コロフェスタ 2013 in 小樽
 第1日目 11月9日(土)
   街角コンサート 11:00~ 市立小樽文学館・小樽浪漫館
   合同リハーサル 13:00~ 小樽市民会館大ホール
 第2日目 11月10日(日)
   メインコンサート 10:00~ 小樽市民会館大ホール


DSC_0787縮小版
ズトーブがついて、ぬくぬく。
大あくびのねこのノエル。