2014年06月29日 (日) | 編集 |

うちの子たちが小さい時には
NHKのEテレを毎日たっぷり見ていたもんです。
今は語学番組以外すっかり見なくなりました。
でも、「おじゃる丸」だけは小生も夏希さんも大好きで、
毎日Vに録って見ています。
その時間までに仕事から帰ってこれないもので…

そのおじゃる丸に
「月光町ちっちゃいもの倶楽部」というがありますが、
うちの庭にも「ちっちゃいものたち」がたくさんいます。

DSC_0422縮小版
まずはカマキリ君。
無事1回目の脱皮を終え一回り大きくなりました。

DSC_0424縮小版
キアゲハの幼虫君。
こちらも無事脱皮しました。
毎年フェンネルの大木(?)に
必ず産み付けられます。

DSC_0425縮小版
ニューフェイスのウスバカゲロウの幼虫君。
別名「蟻地獄」
何だか「女殺油地獄」(近松門左衛門)みたいな響き…
とりあえず、雨避けを作りましたが、
全然雨が降りません。

DSC_0404縮小版
これは今まで見たこともない羽虫。
写真ではよくわかりませんが、
ものすごく触角が長いのです。
カディスっぽいのですが、
何と言う虫なのでしょう?

DSC_0430縮小版
そして我らがリーダー! ねこのノエル。
今日もひとしきり庭を偵察し(窓の内側から)、
何もないので安心して毛づくろい。

時々、侵入者を見つけて「カッカッカッ」と唸りながら、
激しくしっぽを振りまくります。
小鳥さんが来ているのです。

でも、巨大ねこのノエルの場合は、
「ちっちゃいもの倶楽部」じゃなくて、
「おっきいもの倶楽部」だねえ…


スポンサーサイト

2014年06月27日 (金) | 編集 |
庭を見ていてびっくり!
子どもの頃慣れ親しんだロート型の穴。
そう、蟻地獄でございます。
しかも、黒蟻の巣が活発化し、
「アリメツ」をセットしに行った時のこと。
桜の木の麓に
ちんまりと2つ。
DSC_0398縮小版
半信半疑で黒蟻を1匹入れてみると、
瞬殺でかぶりついた!
すげえ、うちの庭に蟻地獄(薄羽蜻蛉)がやって来た!
YA!YA!YA!
来週、時間が空いたら、
アリジゴクハウスを作って、
雨風を避けてさせてあげようと企んでいる小生なのでした。
カマキリ大好き! アリジゴク大好き!

DSC_0296縮小版
夏希さんから大根菜をもらう、ねこのノエル。
はじめは大人しくカジカジしていましたが、
この続きが面白い!
どんどんイッチゃいます。
次回特集します。


2014年06月25日 (水) | 編集 |

先日、上の子の誕生日で、
「何食べたい?」と聞いたところ、
「外肉」とのこと。
この辺のご近所さんは、
庭でやるバーベキュー&焼肉のことを
「外肉(そとにく)」と呼んでいます。
この辺数軒限定なので、
くれぐれも「ケンミンショー」などに
「北海道民は…」などと投稿しないように。
北海道民中の北海道民である小生は、
羊さんが焼肉のメイン!
まあ、それはさて置き…

みなさん、バーべキューの「シメ」に何を食べますか?
鍋ならば「シメ」は一般的ですが、
バーベキュー&焼肉ではどうでしょう?
周りの人では、「シメ」の無い方が多い様です。

わが家では「焼餅&焼じゃが芋」が定番です。
DSC_0380縮小版
プ~っと膨らんで、
香ばしそうでしょう?
これに醤油を垂らして、
焦げ醤油の香りが立ち上り…
やめられません。

ジャガイモはホイルに包んで、
炭の中に放り込んでおきます。
終わり頃にホックホクのジャガイモが…
ああ、もう肉の事は忘れてしまいそう…
やめられません。

何か今一つ物足りない時は、
ベーコンがおすすめ。
こんがり焦がしてね。
DSC_0381縮小版
うちでは、当然ハーブを載せます。
その時々で違いますが、
写真はオレガノ。
その辺の雑草と化しています。
やまられません。

DSC_0417縮小版
何だか目つきの悪いねこのノエル。
日本代表にがっかりしているようです。
最終戦、まあ選手たちは必死に頑張りました。
お疲れ様でした。
ゆっくり休んでください。

ここはリセットして、
新生日本代表を作り直すしかないでしょう。
やっぱりキャラクターの違いでしょうか。
スゴい人たちでも、まだまだ足りない。
そういうことなのでしょう。
一発で流れを変えられるキャラクター、
確実に決められるキャラクター…
世界はそうしたものです。

世界との差を、「まだまだ」と実感した大会でした。
ねえ、ノエルさん。


2014年06月24日 (火) | 編集 |
いよいよ明朝、日本代表の結果が出ます。
もちろん、起きてTV観戦します。
どんな結果だろうと、受け入れますとも…

さて、長らく続いた「蝦夷梅雨」もおさまり、
天気が持ち直しました。
うちの庭は花盛り!

DSC_0351縮小版
まずはクレマチス君。
この花大好き。
学生時代、大学に一番近い一軒家を借りていたのですが、
   (家賃1万5千円、
        人は我が家をファーブル屋敷と呼んだ。
            寝ながら昆虫観察ができたからだ)
大家さんがクレマチスを育てていて、
庭の巨木に巻き付いて、頂上まで花だらけでした。
これを見ながらお酒を飲んでいたものです。
現在の小生も、うちの庭のクレマチスを見ながら、
「庭ビール」を楽しんでします。

DSC_0352縮小版
オダカモ(?)でしょうか。
裏庭のビオトープに生えている水生植物。
毎年手入れもしないのに、
きれいなお花を咲かせます。
ビオトープのメダカもすっかり冬越しが定着。
一番大きな「ビッグママ」は2歳を過ぎました。

DSC_0354縮小版
プルーンは今年も豊作。
ここ数年の豪雪に、枝を折られても頑張っています。
ただ、例年熟する前にほとんど落ちてしまうので、
今年は摘果しました。
どんな具合かな?

DSC_0374縮小版
またまた昨日の続き。
ただし、これまでのカワ顔から、
ついに、ヘン顔に…
エヅいているのではありません。
なめているのです。





2014年06月23日 (月) | 編集 |
トノサマガエル、
アマガエル、
カエルにいろいろあるけれど…
という歌がありました。
ええ、今から40年も昔の事です。
大好きだったアニメ「ど根性ガエル」の
オープニングテーマでした。

この歌が流行った頃は、
北海道には確か、
エゾアカガエル(通称ツチガエル)と
アマガエルしかいなかったと記憶しています。

何時しかウシガエル、
ガマガエルなども定着との報道。
「国内外来種」と言うそうです。

岩見沢で発見!
DSC_0364縮小版
小生、子どもの頃には決して見たことのないカエル。
DSC_0366縮小版
昔あこがれたトノサマガエル?
DSC_0363縮小版
調べてみると、
ピンポイントに岩見沢にだけ、
「トウキョウダルマガエル」という
トノサマガエルにそっくりなカエルが
定着しているそうな。
始めて見る小生には
まるで区別がつきません。
どっちだろう?

彼らに罪はないけれど、
もうシャバには帰れません。
中学校の解剖用に大量に国内移入されたそうです。
相当な定着率らしいのですが、
少しでも環境を守りたいです。

DSC_0373縮小版
毛づくろいするノエルがあまりにもかわいいので、
昨日の続きを載せました。




2014年06月22日 (日) | 編集 |
録画しておき、
たった今、見終わりました。
まだ震えが止まりません…
すごい!
すごすぎる、メッシ!
ビバ! メッシ!

イランもスゴかった。
強烈に印象に残りました。
アジアのライバルたちから、
頭一つ抜けた感。

いずれにせよ、
アルゼンチンVSイランの一戦が
予選リーグ屈指のマッチだったことは
間違いない!
アルゼンチン予選突破でホッとしたけれど、
結果以上に大興奮の試合でした。

DSC_0372縮小版
メッシのゴールが決まった瞬間、
小生の雄叫びに飛び上って驚いたねこのノエル。
ごめんね、サッカーの時は、
いつも驚かせてしまっているね。
何ともないとわかったら、
定番の毛づくろい…

2014年06月21日 (土) | 編集 |
寝不足の日々が続いております。
サッカーはやっぱり録画ではなく
LIVEが一番。

それにしても、これが「世界」!
凄すぎる…
スペイン、イングランドと、まさかの…
コスタリカ、エクアドル、チリなど中南米から目が離せない。
もちろん、アルゼンチン、ブラジル、ウルグアイは言うに及ばず。
中南米大好き、こうでなくちゃW杯は盛り上がらない。
何とかアルゼンチンに優勝してほしいが、
気になる2戦目は明日午前1:00キックオフ。

我らが日本代表も、
この大舞台で、
超スピードの中、
超ピンポイントの正確さが、
絶対必要条件。
小生がサッカーをやっていた頃には考えられない
スゴい選手が育っていますが、
やっぱり、まだまだ…ですか。
日本のサッカー少年たちよ、
上には上がいる。
その「上」をこえるべく、
がんばれ未来の日本代表!

あとは、環境、
学力向上ばかり叫び、
教育に金を出さない日本の政府。
スポーツや文化が育つ土壌とは程遠い。
中体連などに頼っていては、
いつまでたってもこんな調子。
ここから変えねば、W杯上位進出など夢のまた夢。

長く続いた北海道の雨はようやく上がりましたが、
日本サッカー界はまだまだ梅雨の中。
…とは言え、何が起こるかわからないのがW杯。
最後までわかりません。
がんばれニッポン

DSC_0377縮小版
ねこのノエルもサッカーに夢中。
それともよく動くボールに反応しているのか、
はたまた選手が獲物に見えるのか…
いずれにしても、
避けてくれなきゃ見えないよ…

2014年06月15日 (日) | 編集 |

視聴率どのくらいだったのでしょうか?
日本代表の初戦の話です。
まあ、想定内です。
当然、ザックさんのプランに入っていることなので、
ギリシャ戦はそのプランに乗っとって積極的に闘ってくるでしょう。
それにしても、「なでしこ」との差は歴然。
がんばれよ、日本男児!

ずっと思っていた「愚痴」をひとつ。
そもそも「サムライブルー」とか言っているのがどうなの!?
江戸時代、武士は全人口の1割に満たなかった。
それらが9割の人たちを「切り捨て御免」で統治していた。
明治期以降、国民皆兵を目指す士族政府が
お国のために死んでくれる人々を育成するため、
被統治民に武士道を植えつけた。
つまりは国民のほとんどが農民をご先祖様に持っている。
ならば提唱しよう!
われらが戦士は「百姓ブルー」だと!
もちろん、小生のご先祖様も百姓。
だいたい、江戸時代、百姓の方が命を張っていたのです。
だって、見ても御覧なさい、
サイドバックのN友さんは、
一揆の先頭に立ってクワを振り上げて闘う男そのもの。
エリート意識ではなく、
反骨精神こそ、
今の日本代表に必要なのでは?

WBCの「サムライジャパン」も同様、
浪人者がバットを払っているシルエットより、
月代(さかやき)もボサボサな百姓がバット振り上げている方が、
余程日本人っぽい。

まあ、言うは易し行うは難しで、
選手、スタッフ共に必死なのは重々解っております。
サッカー日本代表がんばってください!
心底応援しています!

さて、明朝はアルゼンチン戦。
昨夜の宴のメニューは…
DSC_0344縮小版
アルゼンチンワインの右上から、
時計回りにタコのカルパッチョうちのパセリ添え、
舞茸のスンドゥブ、
パルマ産の生ハム、
バジル風味のテッポウ炒め。
ビバ! アルゼンティーノ!

DSC_0349縮小版
うちの「野良カマキリ君」たち。
アルストロメリアがお気に入りの場所。
アップ写真ですが、1cmくらい。
なぜか未だに群れています。

DSC_0285縮小版
ねこのノエルは、
小生が朝5時に起きるので、
いつもより早く朝ご飯がもらえるのでウハウハ。
でも、その分、夕方早くから「ご飯くれ」のにゃあにゃあ…



2014年06月14日 (土) | 編集 |
いよいよ開幕しました。
何が開幕かって?
関心の無い人にはとことん関心がないけれど、
好きな人には人生賭けてもいい!
って言う程のFIFAサッカーワールドカップのことです。

小生、人生は賭けられないけれど、
楽しみで楽しみで仕方がありませんでした。
開幕戦見たかって?
ええ、ええ、起きて見ましたとも。
やっぱりW杯は違います、
選手やサポーターの本気度が!
これから約1ヶ月、またまた寝不足と
叫びまくる日々が続きます。

さて小生、2002年日韓大会に見に行きましたよ、
札幌ドームへ、、アルゼンチンVSイングランド戦を。
小生、78年アルゼンチン大会から、
筋金入りのアルゼンチンファン。
86年メキシコ大会の時は、
マラドーナを撮りためるために
借金してビデオデッキを買いましたとも。
当然2002年は、
全身アルゼンチン一色で
アルゼンチンサポーターに混じって
「アルゼンティーナ!」と叫びまくりました。

ただ、ベッカムがPKを決めた後、
小生たちのすぐ下に来て喜んでいたのはうれしかった…
なまベッカムの雄叫びを目の前で…
アルゼンチンサポーターは
意味不明の罵声をベッカムに浴びせていたのですが…

札幌ドームはとても日本とは思えない異空間でした。
帰りにスキンヘッドの巨漢イングランドサポーターたちに取り囲まれ、
「ヘイ! ユー ロスト ウイン!」とからかわれたのには腹が立った。
でも、怖かった。

今年こそ、アルゼンチンに優勝してほしい!
もしも、日本代表が決勝でアルゼンチンと当たったら、
当然日本を応援しますけれども…

DSC_0340縮小版
今日はこれから夏希さんと
アルゼンチンワインで
アルゼンチン優勝祈願祭をします!

DSC_0293縮小版
ねこのノエルのパーツ写真。
まずは定番の肉球。
DSC_0292縮小版
お次はしっぽと後ろ足。

しっぽって、別な生き物みたいですよね。
ねこのパーツなのに、
別な意思があるみたい。




2014年06月11日 (水) | 編集 |
何と!
別な卵鞘から
またまたオオカマキリ君が孵化しました。
孵化ラッシュです!
DSC_0336縮小版

これを庭に放すわけにはいかないので、
電話かけまくり、
「割り当て(=小分けして飼育してもらう)」して、
何とか全て掃けました。

なぜ、放してはいけないのか!?
2つの卵鞘から生まれたカマキリを放すと、
下手すると子孫を残してしまうかも?
それでなくても、最近、自然卵鞘発見の話が
道央以北でも聞かれます。

でも、一つの卵鞘から生まれたカマキリは、
全て「きょうだい」です。
昆虫の近親婚は大変厳しく、
これまで何度か交尾してしまって、
メスが卵鞘を産んだことがあるのですが、
全て無精卵でした(水槽の中でですが)。
つまりは、一つの卵鞘からカマキリを庭に放して成虫になっても、
生態系には影響ありません。

結局、小生の「野良カマキリ君」たちは子孫を残せない訳で、
とっても申し訳ないことをしています。
せめてもの罪滅ぼしに
庭の桜の木の下に
「カマキリ塚」をつくってお参りしています。
まあ、これもとことん「自己満足」なのですが…

DSC_0294縮小版
考えてみれば、
ねこのノエルも子孫を残せないところは一緒。
ごめんね、人間の都合でこんなことして…
でも、とことん愛して、慈しむから、赦してね。
カマキリ君も、とことんお世話するから、赦してね…


2014年06月09日 (月) | 編集 |
今朝起きたら、
カマキリ君が孵化していました。
今回はオオカマキリ君たち。
全長1cmくらい。
DSC_0339縮小版

小生、カマキリ君が大好き。
でも、北海道の中央部(道央)から北側には、
生息していません。

道南(函館方面)には、
昔から小さなカマキリがいて、
小学生の頃、こちらに実家がある友だちが
お盆の帰省のおりに
カマキリを捕まえて来て
小生たちに見せびらかすのを
実に羨ましく思っておりました。

大人になって、岡山の友だちが、
毎年卵鞘を送ってくれます。
孵った幼虫はほとんど庭に放します。
一匹だけ水槽で飼うのですが、
庭には大きくなった「野良カマキリ君」が
何匹も縄張りを守っています。
これがとってもかわいいのです。
本州の人たちに、
この感情は不思議がられます。
それほど身近な昆虫なのだそうです。
うちらがキタキツネを迷惑がるのと同じでしょうか!?

今年も大きくなってほしいな。
不定期にカマキリ日記を連載しますね。

DSC_0216縮小版
雪解けの頃、日向ぼっこするねこのノエル。
ねことカマキリって、
とても共通点があるのです。
「エサ取り」に失敗した時に
「毛づくろい」して誤魔化すところとか…




2014年06月08日 (日) | 編集 |
久々の「恵みの雨」。
どれだけ降っていなかったのでしょう。
畑もカラカラ。
今日は家の中の諸々をやります。

ある事情で腹筋が筋肉痛。
そこにノエルがやって来て、
もみもみ…
うぉ~、やめてくれ! 筋肉痛が!!

DSC_0287縮小版
しかも、「超高速」もみもみ
DSC_0288縮小版
その瞬間を上の子が小生のニコンで撮りました。
DSC_0289縮小版
               (Photo by A)
「マッチョねこ」のノエルにもみもみされると、
本当に痛いのです…


2014年06月05日 (木) | 編集 |
今週の北海道は
連日30度越え…
6月初旬にこんなことが!?
あんまり記憶にないわあ~
最近、外での仕事が多いため、
スキーのハイシーズン並の顔の黒さ。
UVカットを塗っても塗っても、
ダメなようです…

生物学的にかなり弱い部類のヒトと違い、
うちの庭はこの暑さがうれしいようです。
DSC_0327縮小版
ジャガイモくんが、ぐんぐん育っていきます。

DSC_0324縮小版
バックヤードでは、ワイルドストロベリーの花盛り。
可愛らしいですね。

DSC_0291縮小版
この暑さに、当然ノエルはでろ~んと寝ています。
ああ、この姿、夏だわ~

2014年06月02日 (月) | 編集 |

今日は休日。
忙しかった仕事も一段落。
そこで夏希さんと今季初のドライブへ。
恵庭市の「いちえ」さんでランチ。
釜飯のうまい店。
ただ、いつも激混み。
でも、今日は平日。
しかも、夏希さん提案で11時半前に着。
お客さん少なく、堪能できました!
その後「えこりん村」へ。
ファーマーズグッズが面白い。
蔓バラを這わせるトレリスやら
小生の「外肉(=BBQのうちら用語)用手袋」やら、
夏希さんの農作業用帽子
(これが面白い! 詳しくは夏希さんのブログ「ハーブ&スパイス」で!)
など、いろいろ買いました。

DSC_0310縮小版
圧巻がこれ!
「トマトの木」
なんと1本のトマトなのです。
水耕栽培で直径7mほどに。
ギネスで世界一のトマトに認定されています。
夏希さんと比べると、その大きさが判ります。

DSC_0311縮小版
えこりん村には珍しい動物もいます。
山羊や羊にアルパカも。
写真はヤクー。
のんびり姿に癒されます。

DSC_0318縮小版
帰りは、久々の「ながぬま温泉」へ。
20年ぶり?
でも、中に入ると、何となく憶えていました。
きもちよ~く、湯に浸かってきました。
暑かったこの数日。
帰って早速「庭ビール」。
たまりませんわあ。
いつもは「サッポロクラシック」が多いのですが、
今日は浮気して限定発売の「香るプレモル」でした。
たまりませんわあ。

DSC_0295縮小版
…で、ノエルは暑さのため、こんな感じ。
でろ~んと、「夏のノエル」に。
ああ、なんと幸せな一日。
こんな日が、ず~っと続けばいいのに…