2014年08月31日 (日) | 編集 |

DSC_0762縮小版
黒岳ロープウェーの駅から見た温泉方面です。
ここは黒岳5合目。気温12℃です。
ニセイカウシュッペの山頂がきれいに見えています。

DSC_0771縮小版
でも、黒岳の山頂方面はこの通り。
残念ながら黒岳山頂は見えませんでした。
左端にリフトの鉄柱が見えます。
このリフトに乗って7合目まで行くことができます。

学生時代、毎年ゴールデンウィークにこのリフトに乗って
春スキーをしたものです。
Tシャツ1枚で滑る春スキーは「ちょ~きもちいい!」
ゴンドラに乗ってやってくる内地の観光客が
その姿を見てキャーキャー言っておりました。
今、春スキーと言えば「キロロ」。
コブを楽しむためです。

DSC_0774縮小版
ミヤマリンドウのつぼみがほころび始めていました。
これも学生時代のことですが、
このミヤマリンドウをモチーフに、
夏希さんに短歌のラブレターをしたためました。
とおい昔のことです。

DSC_0765縮小版
矢印の谷に流れている川が「銀河の滝」と「流星の滝」になります。
ああ、昨日の双瀑台への「登山」が思い出されます。
今日は筋肉痛。
たったあれだけの距離なのに、なさけない…

DSC_0807縮小版
変な格好で寝ているねこのノエル。
そういえば早朝に三笠に行く道路で、
よくこんな縞々尾っぽの動物が
車にはねられて腹を見せていました。
アライグマです。
南無阿弥陀仏…
だからノエル、そんな格好やめて~!




スポンサーサイト

2014年08月30日 (土) | 編集 |
朝早く目が覚め、夏希さんと共にもう一度♨へ。
気持ちいいです、早朝♨。
これがしたくて♨に泊まるようなもの。

DSC_0753縮小版
見事な水墨画の景色です。

層雲峡は奇岩と滝と渓流の美しい渓谷です。
下から見上げると、
玄武岩の柱状節理が天上を貫くように縦に伸びています。
ぜひ、いらしてください。

DSC_0758縮小版
さて、本日の目的は黒岳ロープウェーです。
大雪山黒岳の5合目まで行けます。
そこで見つけたのが「なっきー」というキャラクター。
ナキウサギという天然記念物をキャラクター化したものです。

ナキウサギは大雪山系にだけに住んでいて、
「生きた化石(氷河期から生きている)」と呼ばれています。
ウサギと言うけれど、ネズミよりちょっと大きいくらい。
耳が小さくて丸く、チチッと鳴きます。
小生、学生時代にこのナキウサギにはまり、
毎年1週間ほど
トムラウシ山の麓の「ヒサゴ沼」にキャンプを張って、
写真撮影やテリトリーの観察をしました。
そのうち目の前に現れるようになり、
間近で観察や撮影できました。

DSC_0759縮小版
行きに乗った「なっきー号」です。

前の晩に乗車料金が高くてどうしようか迷っていたのですが、
パンフレットで見つけた名前が気に入り、
夏希さん(ナッキー)と乗ることに即決したのでした。

DSC_0782縮小版
先ほどの写真はドアが開いていてよくわからなかったので、
帰りのすれ違う瞬間の写真を載せました。
これが撮りたくて、もう一台の「しーま号」に乗りました。
シマリスのしーまちゃんです。
ゴンドラの絵を描くスペースが小さかったのでしょう、
ナッキーの耳がおさるさんに見えます(笑)。

小生にとって、黒岳は「降る山」でした。
銀泉台や高原温泉から縦走して
最後に黒岳から下界に降るために、
このロープウェーに乗りました。
その頃はナッキー号はありませんでしたが…

DSC_0638縮小版
ねこのノエルの前足です。
大きい…
この前足で、
家に入って来た蛾をたたいて落とし、
ぺろりと食べてしまいます。





2014年08月27日 (水) | 編集 |

今回は早めに宿に着いたので、
ご飯の前に♨!

DSC_0703縮小版2
あがってビールを飲んでいると、
夕暮れが近づいてきました。

部屋で食事をいただき、
間もなく花火大会が始まります。

DSC_0727縮小版
小生、花火大会が大好きです。
秋田大曲花火競技会には
死ぬまでに1回は行きたいと思って
毎年BSの中継を楽しんでいます。
でも実はほとんど花火大会に行ったことがありません。
人混みが嫌なのでした…

宿の窓からこんなに目の前に見えました。
宿自体が高台にあるので、
本当に「目の前」です。
ナイスビューポイント!

DSC_0716縮小版
ハートの花火。
きれいですね。
この形を丸く作るのが難しいそうで。

秋田の今野さんという花火師さんの花火が好きです。
一度、目の前で今野さんの花火を見たいものです。

DSC_0744縮小版
楽しい時間はすぐに終わりました。
花火終了後の夜の層雲峡です。

それにしても黒岳の石室には登山者が満載のはず。
日の出前に出発する人も多いので、
夜の8時には、もう深夜と同じでは?
相当に音が響いていると思うので、
迷惑にはならないのかな? と思う元登山愛好家なのでした。
まあ、それはそうとして、
もう一度♨じゃ!

DSC_0602縮小版
小生、事ある毎にノエルに言い続けています、
「威厳を! 常に威厳を持て!」 と…
このノエル、結構威厳があると思いませんか?



2014年08月25日 (月) | 編集 |
真夏に休暇をとることができなかったので、
混み混み覚悟で、お盆休みを利用して
夏希さんと層雲峡温泉に泊まってきました。

小生、学生時代に旭川に住んでおりました。
アパートのすぐ横には
「川村カ子ト(カネトさんと言います)アイヌ記念館」がありました。
アパートから記念館の敷地を通って
大学に通っていました。
なのに、記念館の中に入るのは今回が初めて。
とても勉強になりました。
そして何と、民族衣装を着させてもらいました。
小生も夏希さんも初めて。
テンション上がりまくる夏希さん。
その写真は、夏希さんのブログにアップされています。
右の「ハーブ&スパイス」からどうぞ!

DSC_0677縮小版
1日目の目的の二つ目は滝を見ることです。
夏希さんのペンネームの「滝原」にちなんで…
大雪山から流れる川たちが
いろんな形の滝となって石狩川に注いでいます。
特に有名なのが「流星の滝」と「銀河の滝」。
この二つの滝を同時に見ることができるのが
「双瀑台」なのですが、これがちょっとした登山。
えっちらおっちら登り、途中の展望台から見た景色です。

DSC_0678縮小版
左側の流星の滝のアップです。
ここから更に登ります。

DSC_0682縮小版
何とか、たどり着きました。
ここまで30分弱。
木が生い茂り、途中の展望台の方が見やすかったです。
でも、岐阜から来た新婚さんや
韓国から来たおじさんたちとお友だちになり、
何だか心がほんわかすることができました。

岬や滝の観光地でいつも思うのは、
サンダルの方が多く、苦労されていることです。
小生たちは慣れているので必ずスニーカーを車に積んできます。
ガイドブックとかに表記すればいいのにと思うのですが。

DSC_0697縮小版
本日泊まるホテルの窓からの景色。
深い谷で奥まった感じがするのですが、
実はこの道は道東を結ぶ主要街道。
小生もしょっちゅう通った道です。
いつも通り過ぎるだけなので、
今回はじめての泊まりなのでした。

DSC_0604縮小版
お気に入りの籠で眠るねこのノエル。
見ているだけで幸せな気持ちになります。



2014年08月24日 (日) | 編集 |
この蒸し暑さで、雑草のようにハーブが生い茂っています。
その間から、ちっちゃいもの倶楽部の面々が…

DSC_0814縮小版
まずは、ブドウの葉の上で、
ユーモラスな格好をしているハラビロカマキリくん。
踊っているように見えますが、
小生を警戒してこんな恰好をしているのです。
かわいい…
この頃、オオカマキリくんの姿が見えません。
そろそろ脱皮なのかなあ。

DSC_0815縮小版
勝手口から外に出ようとしたら、
アマガエルくんがひとやすみ。
実は少し前に夏希さんが小生に見せるために
コンポストのフタにいたのを捕まえてきたのでした。
またコンポストに戻しておいたのですが、
居心地がいいようで、結局夜までいました。

DSC_0525縮小版
うちの庭にはクロヤマアリがたくさんいて、
野菜の敵であるアブラムシを増やすので、
いつも駆除に悩まされているのですが、
ある日、アカヤマアリがやって来て、
クロヤマアリの巣を襲いました。
ここは洗濯干場です。
アカヤマアリの目的は、クロヤマアリの蛹と終齢幼虫です。
これを奪って自分の巣に持ち帰り、
奴隷にするのです。
子どもの頃、このアカヤマアリを「軍隊蟻」と呼んでいました。
必死に応戦するクロヤマアリですが、
奮闘むなしく次々運ばれて行きます。
お陰で数日後にはクロヤマアリの巣が全滅しました。
結果的に薬を使わなくても、
クロヤマアリの巣を駆除できたことになるのですが、
それにしても凄まじい光景でした。
ただ、畑仕事の最中にアカヤマアリにかじられると、
それはもう痛くて痛くて…

DSC_0610縮小版
昨日の写真があまりにもおっさんくさかったので、
今日はその続きのかわいい写真にしました。
ちゃんと毛づくろいでしょ。

DSC_0607縮小版
なんて体が柔らかいんだ!
スポーツ愛好家としては、羨ましいかぎり…

2014年08月23日 (土) | 編集 |
そうこうしているうちに涼しくなってきました。
もう夏も終わりです。
…と、言いたいところですが、
なんなんだ! この蒸し暑さは!
さっきシャワーしたのに、もう、でろでろ…

おかげさまでうちの庭の野菜くんやハーブくんが、
おがるにいいだけおがって(成長して)、
毎日われらの舌、鼻、目などを楽しませてくれています。

DSC_0517縮小版
まずは、ベトナム生春巻き。
ハーブがよく効いています。
キュウリとシシトウも充実してきました。
鳥肉にかけてあるピンクは、
はつか大根をすったものです。
きれいでしょ!

DSC_0808縮小版
うちのゴーヤの初物です。
今年は暑かったため鈴なりです。
これをスライスして…

DSC_0811縮小版
塩もみして塩を流し、鰹節たっぷりかけてポン酢でいただきます。
飲んだ翌日の朝食に最高!

DSC_0817縮小版
土砂降りだったり、全く降らなかったり、
今年の水加減は難しい。
お陰でトマトが割れてしまったり、皮がゴツゴツになったり…
そこでミートソースを作りました。

皮をむいたトマトをよく煮込み、
ひき肉と舞茸のみじん切り、赤ワインを入れ、
塩、コショーで水気が無くなるまで煮きります。
水気がとんだら火を止め、
生でも食べられる玉葱のみじん切り、
バジルのみじん切り、
オリーブオイルを絡めて、
コリアンダー塩で味を整えて出来上がり!
夏希さんが喜んで食べてくれました!
トマトのコクすご~! 濃厚!濃厚!

DSC_0609縮小版
ノエルが座って毛づくろい。
わーい、おっさんじゃ~、おっさんじゃ~!





2014年08月17日 (日) | 編集 |
有名な最も短い津軽弁の会話に
A 「どさ?」
B 「ゆさ!」
というのがありました。
意味は…
A 「どこに行くの?」
B 「お風呂に入りに行くのさ」
です。

小生もっと短い会話を発見しました。
内地出身の方が北海道に移り住んで
びっくりした会話を元に小生が再構成しました。
或る道南の小さな漁村での会話がモデルです。
※道南=北海道南部のこと(渡島半島が中心、函館市が代表)
では、どうぞ!

A 「めべ?」
B 「め!」
A 「け!」
B 「だ!」

さあ、わかりましたか?
これがわかった人はすごい!
北海道民でもわからない北海道弁です。
(正解は最後に…)

DSC_0502縮小版
さて、うちのメダカちゃんが元気いっぱいです。
二年前に池に放した「ビッグママ」です。
産卵用にオスのヒメダカくんも放しました。
去年はビッグママのお子ちゃまが泳いでいました。
今年はまだ見ていないんですよね。
あっ! 去年も見つけたのは秋でした。
もう少し待ってみますね。

DSC_0488縮小版
窓から外を偵察するねこのノエル。
こうやって見ると凛々しいです。
網戸越しに外から撮ってみました。
ひとしきり巡回して縄張りの安全を確認すると、
安心して夏希さんにエサをおねだりするのでした。

では正解です…
A 「美味しいだろ?」
B 「美味しい!」
A 「食べなよ!」
B 「そうする!」
…正解できましたか?




2014年08月14日 (木) | 編集 |
お盆たけなわ…
昨日お寺参りを終えました。
まあ、小生と夏希さんの親たちも集まるので、
いろいろと大変なのです…
毎年のことながら終わってホッと…

さて、ねこのノエルが変な動きをし出しました。
DSC_0433縮小版
ねこタワーの穴に身を入れて
何やら、もがいている様子。
ハ、ハラがつかえて…
DSC_0434縮小版
うっ、うにゃん、うにゃにゃん。
この体勢で3分程のたうちました。
DSC_0435縮小版
す、すると、
よいしょっ!
何と、穴を通って上ったではありませんか!
やったね、ノエル!
DSC_0437縮小版
毛づくろいしながら、
やはり「ふーっ!」と言うのでした。

2014年08月10日 (日) | 編集 |
ご無沙汰でした、吉之亟です。
2週間ちょっとに及ぶ仕事上の大きなプロジェクトが
昨日終わりました。
今日は久々のお休み!
明日はその片づけに出勤し、
明後日からお盆休み…

さて、宮城の親友Tちゃんが
こんなTシャツを送ってくれました。
DSC_0646縮小版
TちゃんデザインのこのTシャツ、
今日の大きなイベントのものです。
彼は「表現者」
いろんな表現の仕方をしますが、
絵でも表現します。
素敵なTシャツでしょ。

DSC_0283縮小版
イベントと言うのはこれです。
前にもお知らせしましたが、
いよいよ今日なのです。
Tちゃんは実行委員なので、
今頃汗だくで走り回っていることでしょう。
天気が持つといいのですが…
近隣の方は、ぜひ! ご参加を!

話変わって「うちの野良かまきりくん」たちは
雨ニモ風ニモ負ケズ、順調に育っています。
DSC_0649縮小版
こちらはゴーヤのネットにへばりつくオオカマキリくん。

DSC_0652縮小版
こちらはバジルの葉っぱに潜んでいる(つもり)の
ハラビロカマキリくん。

間違って食べてしまいそう…

DSC_0645縮小版
ねこのノエルは相も変わらずマイペース。
ブログを書いている夏希さんに甘えています。
自分のことを書かれているとも知らずに…