2015年05月29日 (金) | 編集 |
先日、スキーをチューンナップに出しました。
9月過ぎまでさよならです。
ああ、本当に今シーズン終了…
さびしいけれど、夏トレ&理論勉強を頑張ります!

前回載せたナウマンゾウ&マンモスゾウの写真は、
正面から撮ったものでした。
今回は、横からの写真をご覧いただきます。

DSC_3371縮小版
まずは全身骨格。
どうです!
この立派な体躯。
大きな頭部と牙を支えるには、
このバランスが重要なのでしょうね。

DSC_3370縮小版
頭部のアップです。
見事な牙。
下からのブルーライトが実にきれいでした。

そういえば、昔好きだったアニメ「はじめ人間ギャートルズ」に出てくる
マンモスの名前は「マンモー」でした。
その頃札幌にやって来た「シベリア博」に、
船乗りだった叔父が連れて行ってくれました。
目玉は永久凍土から発掘されたマンモスのミイラです。
名前は「イワノビッチくん」。
全身毛むくじゃら。
子どもながらにすっかり魅了されました。
本物を観るって、大事なんだな。

DSC_3373縮小版
2階からも見ることができます。
床はシベリア~東アジアの衛星写真。
マンモーは北から、ナウマンは南から渡って来て、
北海道でお互い向き合っています。

我が子が小さかった頃、
釧路市博物館や忠類ナウマン象記念館でも、
骨格レプリカと一緒に写真を撮ったものです。
肩車しても届きませんでした。

DSC_3286縮小版
うちのマンモー。
鼻は短いけれど、
毛むくじゃら。


スポンサーサイト

2015年05月26日 (火) | 編集 |
先日、「北海道博物館」へ行ってきました。
北海道博物館…!?
初めて聞く方もいるかもしれません。
元は「北海道開拓記念館」といいました。
小生、行きましたよ、小学校の見学旅行で!
幼少時に親戚一同で行ったこともあるし、
大人になってから我が子を連れて行ったこともあります。
大好きな博物館のひとつ。
この春、「北海道博物館」として
リニューアルオープンをしたのでした。
どうしても行きたくて、夏希さんを強引に誘いました。

まずは入ってすぐに、2体の化石のレプリカが
ど~んと御出迎えしてくれます。
それが、これ!

DSC_3368縮小版
1体目は「ナウマンゾウ」の化石レプリカ。
長野県野尻湖の化石が有名ですね。
北海道でも忠類村で完全体が発見されています。

DSC_3369縮小版
そしてもう1体が「マンモスゾウ」の化石レプリカ。
小生世代はTVアニメ「はじめ人間ギャートルズ」でおなじみ。
子どもの頃、あの輪切り肉を焼いて喰ってみたかった…

氷河期と間氷河期を繰り返した時期、
日本海が大きな湖となり、これを取り囲むように
日本列島は大陸とつながっていたことがありました。

南方系のナウマンゾウは朝鮮半島から
九州を伝って北上してきました。

一方、北方系のマンモスゾウはサハリン(樺太)から
北海道を伝って南下してきました。

そして、なんということでしょう!
我が南空知(栗山町・長沼町・由仁町あたり)で
一緒に生息したのでした!

向かい合った2体の床に、
そのあたりのくだりが衛星写真に象徴されています。

なんでそんなにハイテンションなのかって?
この時期、ゾウは人類の偉大なる食物なのでした。
命がけの狩りで一頭仕留めたならば、
どれだけ一族がうるおったことでしょう…
ゆえに、ヒトはゾウを追って、
南と北からやってきた…

つまり、ここ、南空知で、
全く異なる経路のミトコンドリアを持つ人類が出会い
一緒に暮らし、子をなした…
うああ~、ロマンじゃないですか!

北海道博物館については、
何回か連載いたします。
まああ~ そのくらい楽しかったです。

DSC_3230縮小版
そんなロマンを知ってか知らずか、
ねこのノエルは、今日もゴロゴロ…
リビアヤマネコが飼い慣らされてからの
ねこの歴史的移動経路も知りたいものです。


2015年05月24日 (日) | 編集 |
沖縄は梅雨入りしたそうですね。
この頃の北海道は、大気が不安定で
晴れたと思ったら、急に雨。
暑いと思ったら、急に寒い。

今日は温かくて、天気もよさそうです。
これから苗を買いに行って、
いよいよ庭いじりが本格的に始まります。

さて、先日も変な天気で、
ザワ(岩見沢)は雨なのに、札幌方面は晴れ。
出勤途中の車から見える景色は、
雲間からの朝の光が、余市岳を照らして、
そこだけ光っていました。
うまく撮れるか自信がなかったのですが、
とりあえず菜の花畑を入れて撮ってみました。

DSC_3410縮小版
昔習った山村暮鳥の詩「風景-純銀もざいく-」の一節が
自然に浮かんでくる風景でした。

美しい色合いで撮ることができず、
申し訳ありません。
何せ、雨だったもので…

DSC_3331縮小版
その代りと言っては何ですが、
この写真ではどうでしょう!?
前回の続きのノエルです。




2015年05月20日 (水) | 編集 |
みなさま、大変ご無沙汰しました。
小生、ちょっと痛んでおりました。

3週間ほど前から、手術跡の傷口が腫れはじめました。
夏に傷口に沿って「あせも」になったことがありましたが、
放っておいたら治ったので、今回も放っておきました。
しかし、どんどんひどくなっていく…

かなりの痛みなので、とうとう先週病院に行ってきましたよ。
したっけ、傷口のちょい上が毛嚢炎(もうのうえん)になっているとか…
ええ、ええ、毛穴にバイ菌が入り化膿していると。
つまりは、ニキビのひどい奴で、
もしも薬で治らなかったら、化膿している部分を切り取って、
縫い合わせると…

原因は山菜の食い過ぎと、
温泉⇔岩盤浴⇔サウナに入り過ぎたこと。
アクと、あたためるのがダメなのだそうです。

幸い、薬が効いて、何とかなりそう…

そんな訳で、長らくお休みしてしまいました。
申し訳ない…

さて、ねこのノエルにご馳走をあげる夏希さん。
いやしんぼのノエルは、早くくれと立ち上がりました。
その姿が、あまりにも… なので、振れ振れ写真ですが、
アップすることにしました。
DSC_3269縮小版
DSC_3271縮小版

あまりにひどい写真だったので、
お口直しに、凛々しいノエルを!
DSC_3329縮小版
いかがでございましたか?
まあ… 何かと毎日楽しませてくれています。
ありがとう、ノエル!




2015年05月07日 (木) | 編集 |
この季節になると、思い出すことがあります。
そうですねえ、GWのちょっと後くらい。
むか~しむかし、小生が小学生だった頃の話。

親父の職場の人たちで船を借り、
毎年カレイ釣りに行きました。
場所は小樽市蘭島。
職場の人たちは船宿に泊まっていましたが、
蘭島や余市には親戚がいたので、
小生がたは家族で行っておりました。

釣れるわ釣れるわ、小学生の小生でもめっちゃ釣れた。
「釣りキチ三平」ちゃんに夢中だった小生は、研究に余念なく
高学年になると、大人より大物を釣っていたほど。
親父と二人で3桁釣っていました。

それを親戚一同で食べるのです。
多くはマガレイとソウハチ。
から揚げが美味かった。
何枚も何枚も食べました。
男衆は酒盛りでしたが、
台所は女衆の戦場でした。
だって50枚以上揚げるんですよ。
そりゃもう、仕込みから大変。
お袋の姉と妹の通称「三婆」に、いとこの女衆も加わって、
凄い光景でした。

DSC_3310縮小版
今でもカレイのから揚げは大好物。
さすがに「何枚も」は食べられなくなりましたが…
親父も伯父たちも、今の小生より若かった。
だから、あんなに呑んで食ってたんだろうな。

DSC_3339縮小版
昨日は黄砂がひどかった。
10キロ先が見えなかったです。

DSC_3342縮小版
それでも、ねこのノエルは寝続けます。
さすがは「寝子」…




2015年05月05日 (火) | 編集 |
昨日と今日の料理です。

まずは昨日。
午後から雨予報だったので、
午前中に裏山(ウルシ山)に行ってきました。
タランボ(タラの芽)を採るためです。
小生すっかりタランボの時期を忘れていたのですが、
夏希さんが覚えておりました。
ウルシ山と言うくらいですから、
マジでウルシが凄い!
ウルシの絨毯。
一昨年ウルシにやられた夏希さんは近づけない。
だからウルシが大丈夫な小生一人で採ってきました。

いやあ、ピンポイントで
食べるにはちょうど良い成長具合。
環境を考え、一本の木から一つだけ芽を摘みました。

ついでにうちのバックヤードの山菜を見てください!
DSC_3321縮小版
コゴミくん、可愛くて仕方がありません。
でも、食べちゃうもんね。

DSC_3320縮小版
ニリンソウも、ずい分増えてきました。
そろそろ食べたい…

DSC_3308縮小版
天ぷらが、やっぱり美味しい。
夕べは天ぷらを食べすぎて、
夜中に胸焼けで眼が醒めてしまいました…

DSC_3324縮小版
我が家のお雛祭りの定番、
ウナギちらし。
緑はうちの裏庭の三つ葉です。
ああ、この香りがたまらない。
子どもの頃から、自生の三つ葉の香りが大好きでした。

DSC_3314縮小版
小生に抱かれる、ねこのノエルを
上の子が接写してくれました。
ねこのノエルは、
〽あったかいんだから~





2015年05月04日 (月) | 編集 |

DSC_3290縮小版
明日はわが家の雛祭りです。
ええっ!? 雛祭りは3月3日でしょ!
…という声が聞こえてきます。
確かに! 日本全国3月3日です。
でも、ですよ…
3月3日のZAWA(岩見沢のことを地元人はこう呼ぶ)は、
まだまだ雪深く、梅花はまだやっと小さな芽。
桃に至っては…

そこで、北海道版の暦(道暦)があっても良いのでは? と考えました。
だって、北海道では七夕を7月7日ではなく、8月7日にやるんですよ!
ジェンダーフリーなこのご時世、
桃の節句が女の子、端午の節句が男の子と分けなくてもいいっしょ。

ただ、去年は上の子が一人暮らしをするので、
もう5月5日にできないだろうと思って3月3日に行いました。
しかし、なぜかしょっちゅう実家にいる…
当然GWはずっといる…
ならば、例年通りに5月5日にすることにしました。

…ということで、明日はわが家限定の雛祭りなのでした。
梅も桜も花盛り!

DSC_3264縮小版
夏希さんの腕を舐めるねこのノエル。
ものの本によれば「親愛のグルーミング」なんだそう。
でも、ノエルの舌は、まるで目の粗い紙やすり…
痛くてたまらん!




2015年05月03日 (日) | 編集 |
今日は天気がまずまず。
三笠から夕張に入り、
鹿島(大夕張)~シューパロ湖をドライブしました。
目的は夕張岳の写真です。

DSC_3293縮小版
夕張に入って間もなく、
名もなき滝に出会いました。
そこかしこに残雪があり、この季節限定の滝なのでしょう。
何度か通っている道ですが、初めて見ました。
車があちこちに停まっていて、
山菜かな? 釣りかな? それとも化石採りかな?
どれも有名な場所なので。

DSC_3294縮小版
この饅頭みたいな山は「ズリ山」。
炭鉱から出る石や石炭屑を捨ててできた人工の山。
上空から見ると紡錘形をしています。
昔は三菱大夕張炭鉱があり、とても栄えていました。

DSC_3297縮小版
その名残がここにもありました。
昔の大夕張スキー場跡です。
三菱の会社で建てたロープトゥがあり、
誰でも無料で使用できました。
とても賑わい、大好きな場所でした。
この辺りは商店街も住宅地も広がっていたのですが、
今は原始の森に回帰しています。

DSC_3303縮小版
目的の夕張岳の勇姿です。
北欧を思わせる森と湖。
残念ながら天気がイマイチ…
次回こそ!

DSC_3285縮小版
ねこのノエルは、
平日もGWも関係なく、
ごろごろ…
ウニャン…



2015年05月02日 (土) | 編集 |
水曜日に夏希さんと北海道立近代美術館に行ってきました。
「アールヌーヴォーのガラス展」を見るためです。
小生、ガレの大ファンなので、一度本物をたっぷり見てみたかった。
久々の夏希さんとのデートも相まって、
たっぷり楽しみました。
ただし、写真は御法度なので、ありません…
あしからず…

帰りにドライブがてら、石狩方面を回りました。
サーモンファクトリーで食事をし、
そのあと、夏希さんが道路地図で発見したマクンベツ湿原へ。
夏希さん曰く、水芭蕉の大群生が見ごろなのでは?
こんなところに、こんな湿原があるなんて知りませんでした。
とりあえず行ってみようということになりました。

DSC_3279縮小版
行ってみて大正解!
広大な湿原の一面に巨大な水芭蕉の大群生。
見事!

DSC_3275縮小版
それにしても、一つ一つの水芭蕉の株がでかいな。
水芭蕉って、こんなにでかかったっけ?
夏希さんの手と比べてると、そのでかさがわかります。

DSC_3283縮小版
思わず合唱曲「水芭蕉」を口ずさむ二人。
〽カッコウの声に~  (「夏の思い出」ではありません…)
さすが合唱人!

DSC_3205縮小版
サーモンファクトリー(佐藤水産)で、
しこたま美味しい物を買い込んで、
楽しかった1日の〆の楽しい宴。
海産物のいい匂いにあてられるねこのノエル。
ねこタワーに上り、恨めしそうに見下ろすのでした…