2015年10月14日 (水) | 編集 |
先日、雪虫の話題をアップしました。
それから幾日もたたず、
とうとうこの記事をアップすることに…

何のことかと言うと、
本日、初雪が降りました、
このザワ(岩見沢)でも…

DSC_3873縮小版
初雪って、なんか特別。
子どもの頃は、本当に待ちわびた。
あの嬉しさは、何だったんだろう…
今は、複雑。
嬉しさも、勿論ありますよ!

DSC_3870縮小版
ベランダは、雪玉を作れるくらい積もっていました。
一昨日帰った千葉のKちゃん御一家のみなさん、惜しかったね…
もうちょいで雪をちょせたのに…

小生、実は20年近くのザワ(岩見沢)の初雪の日を記録しています。
今年は2013年の10月16日を2日更新しての新記録でした。
それも、雪虫が大乱舞してから初雪までの最少日数記録も更新しました。

DSC_3831縮小版
外は寒くても、
家の中はストーブでぬくぬく。
ねこのノエルも、メッチャぬくぬく。
ああ、このモフモフが恋しい季節。




スポンサーサイト

2015年10月07日 (水) | 編集 |
そろそろかな?っとは思っていました。
比較的気温が上がり、風のない夕方。
本日、大乱舞がはじまりました。

何の話かって?
「ゆきむし(雪虫)」の話です。

DSC_3853縮小版
写真ではオレンジに光っている点々が全て雪虫です。
実際は青白く、雪のように見えます。

雪虫…
正式名称は「トドノネオオワタムシ」。
漢字で書くと、「椴根大綿虫」。
実は、数多いるアブラムシの一種です。
アブラムシの数種はそれぞれ違う時期に大乱舞をするのですが、
トドノネオオワタムシはアブラムシの中では大型で、
しかも「雪」や「綿」の名前に由来する
青白い綿状のふさふさを持つので、
他のアブラムシより、とても目につくのです。

DSC_3864縮小版
指先に憑いてきたトドノネオオワタムシ。
なぜ「椴の根」なのか… など、
ウンチクはたくさんあるのですが、
長くなるので、今回は思い出話に限定します。

小学生の頃…
雪が恋しい子どもたちは、
「雪虫が全て死ぬと初雪が降る」との都市伝説を信じて、
1匹でも多く殺そうと、ぶんぶん腕を振り回したものです。
ちなみに、雪虫は越冬のための大移動をしている最中なので、
全くの都市伝説です…

中学生の頃…
サッカーの新人戦も終わり、
負けた悔しさに真剣に練習に打ち込んでいる小生たちの肺に、
否応なく無数の雪虫が入り込んで閉口しました。
手で払いのけていると、容赦ない先輩の怒声が飛んできました…

高校生の頃…
生物の名物先生がその昔(高校生の頃)、
雪虫に魅入られて年中観察して論文を書き、
初めてその生態を明らかにして発表したところ
大層話題になったと思い出話をしていたことを
昨日のことのように思い出します。
数週にわたって雪虫の生態を熱く語ってくださり、
以来、雪虫が大好きになりました…

雪虫の大乱舞から3週間後に初雪が降る、
と言われています。
これも都市伝説なのかな…
いずれにせよ、ミステリアスな雪虫。
今回は書きませんでしたが、
その生態を知ると、なおさらミステリアスに感じます。
みなさんも是非ネットで検索してみてください。

DSC_3781縮小版
久々に超アップでお届けする、
ねこのノエルでした。
寒ければ寒いほど、
乗っかられるのがうれしい。
(…とは言うものの、重くて閉口)


2015年10月04日 (日) | 編集 |
いやあ~、寒くなりました。
今日のザワ(岩見沢)は最高気温が14℃の予報…
あと1ヶ月もすれば初雪。
はやくもストーブが恋しい吉之亟でした。

さて、NFL(アメリカンフットボールの最高峰リーグ)も開幕し、
ラグビー日本代表もW杯で快進撃。
気分はハイテンション!
TVから離れられない! っと言いたいところですが、
全く見ていません…。
我が混声合唱団の定期演奏会まで1週間をきりました。
終わったら、TVかじりつきだな…
がんばれドルフィンズ!
がんばれ日本代表!

ここから本題。
ちょっと前になりますが、
うちの畑に昨年取り残した馬鈴薯3株がスクスク成長し、
とうとう収穫。
DSC_3798縮小版
それがこれ。
ひと株でこんなにとれました。
夏希さんと小生はこれを「野良いも」と呼んでいます。
植えたわけではないのに、秋の恵みが。
ほこほこして、最高にウマかった。
かなりのお得感でした。

DSC_3814縮小版
こちらは野良カマキリくん。
寒くなったので温かいところを探してこんなところに。
ここは確かにあったかいわ。

DSC_3808縮小版
モトノラ(元野良)のノエルのまるまり方が半端ない。
座っていると必ず乗っかってくるようになりました。
ねこ玉あったかい。