2016年01月31日 (日) | 編集 |
連日のスキーで満身創痍。
もう、体がズーンという重さ。
昨日と今日は
基礎パラレルターン小回りの山回りの仕上げと、
実践種目の練習。
特に今日の午前は総合滑降で久々の高速種目。
いやあ、スピード出しまくりで楽しかった…
…とは言え、この滑りを本番で出せるよう練習練習!

さて、金曜日の豪雪のあと、
昨日はメチャいい天気。
しばしその美しい青と白のコントラストを堪能しました。

DSCF0915縮小版
養成講習会場の萩の山スキー場です。
オープン前で誰も滑っていません。

DSCF0916縮小版
テク検練習で慣れ親しんだダイナミックコース。
今も養成講習でお世話になっています。
結構な急斜面です。

DSCF0922縮小版
リフトの上から撮ってみました。
既に何本ものレールの跡。
オープンから30分も持たずにグルーミングバーンが
不整地になってしまうのが残念。
もうちょっと長持ち整備できたらいいのになあ…

DSCF0924縮小版
山頂へ登ってきました。
昨シーズン、ここをエゾユキウサギが走っていました。
真っ白な体に耳の先がちょこっと黒い。

DSCF0918縮小版
おお、わが故郷の夕張岳。
山って不思議ですね。
山容を見ただけで、様々な想いが駆け抜けます。

DSC_4032縮小版
ノエルの手足は、雪ウサギに負けない位でかい。
でかい手足の猫は、かわいいです…



スポンサーサイト

2016年01月28日 (木) | 編集 |
みなさま、ご無沙汰いたしました。
仕事とスキーで、毎夜 「バタン、キュー」 なのでした。

1月に入ってから、
毎週4日以上はスキーをはいています。
お陰様で、筋肉痛と大の仲良しです…。
仲良くしたくないのに…

その間、NFLもクライマックスを迎えました。
あのペイトリオッツを
何と何と、ブロンコスが抑えたのです!
いやあ、ペイトン・マニングとトム・ブレイディ―のQB対決、
ブロンコスのディフェンス陣が決着をつけましたねえ!!
アンチ・ペイトリオッツとしては面白かった~!
2月8日のスーパーボウルは、
今季大注目のパンサーズQBキャム・ニュートン VS
ブロンコスの大ベテランQBペイトン・マニング!
めちゃくちゃ楽しみです…

さて、スキーの準指導員検定ですが、
合格点は、1種目100点の合計
8種目で800点中600点以上です。
1種目平均75点以上となります。

この1種目平均の点数ですが、
以下のような基準があります。
   バッジテスト2級→65点以上  
   バッジテスト1級→70点以上
   準指導員検定 →75点以上
   テクニカル検定→75点以上
   指導員検定  →80点以上
   クラウン検定 →80点以上
ただし、検定の観点が違うので、
同じ準指とテクの合格点でも、
難易度が違ってくることは、まま、あります。

小生、テクに合格した時は、
5種目オール75点でした。
まあ、準指検定も全種目75点取れれば問題ないわけですから、
8種目全部まんべんなく頑張りますわ…

DSC_4020縮小版
台所の登ってはいけない場所へ登ったノエル。
怒られると判っているので、
こんな顔をしています。

DSC_4021縮小版
でも、自分から降りようとはしません。
追い立てられるまで、ねばる作戦…


2016年01月13日 (水) | 編集 |
ザワは毎日2回の雪かきです。
雪雲たちは絶対知っている、
ザワのカントリーサインを…
まちがいない!

岩見沢を過ぎると釧路みたいな景色。
何と、アスファルトが出ている、
何と、枯れ草がまだ立っている、
何と、人々が長靴を履いていない…
ザワと数キロしか離れていないのに…

さて、毎週土日に行われている、
スキーの準指導員養成講習。
フィフティーオーバーにはキツいことこの上ない。
なぜならば、低速種目は重力と闘うことが多いからです。

準指導員実技検定は、次の2グループ8種目で行われます。
(1)指導種目
  ①横滑り
  ②プルークボーゲン(滑走プルーク)
  ③基礎パラレルターン小回り
  ④基礎パラレルターン大回り
(2)実践種目
  ①シュテムターン
  ②パラレルターン大回り急斜面
  ③パラレルターン小回り不整地(コブ)
  ④フリー滑走
これらのうち、多くの受検者は指導種目で点数を落します。
指導種目はSAJの指導理論に則った運動要素を
表現しなければいけないのですが、
ついつい「自分の滑り」をしてしまうためです。
合格点を取るには、しっかりと理論を理解して、
その要素を誰にでも見える形で表現しなければいけません。

点数については、次回!

DSC_4011縮小版
夏希さんがノエルの尾っぽにリボンをしました。
当のノエルは嫌がるふうもなく、
いつものように、
まるで別の生き物みたいに、
尾っぽをくねくねさせています。

DSC_4017縮小版
そのうち、上の子の腿に頭を載せて、
いびきをかき始めました。
ああ、しあわせノエルさん。  

2016年01月08日 (金) | 編集 |
仕事が始まってしまいました。
早いなあ…

DSC_4002縮小版
ノエルは、のほほんと過ごしています。
羨ましい…

さて、スキー準指導員検定の養成講習が、
1月3日から始まりました。
小生、4日間連荘でみっちり講習を受けてきました。
横滑り→プルーク→シュテム→基礎パラレルと
同じ要素でのスキッディング(ずらし)を練習しました。
いやあ、50オーバーにはキツいです…

実は、2年前に買ったメットが重くて、
どうしようかと考えていました。
ジロのパーク用なので、頑丈に出来ているのですが、
その分、大きくて重いのです。
カッコはいいんですけどねえ。
コブを攻めると諤々言うし、
長い講習で首が疲れるので、
札幌の「パドルクラブ」で思い切って買いました!

DSC_4005縮小版
新旧メットの共演。
緑がジロ。
黒が新しいメット、サロモンの「カスタムエアー」。
数多(あまた)あるメーカーの中で、
これが一番小生の頭にフィットしました。
残念ながら黒しかなかったのですが、
まあ、どんなウェアにも合うので、
被り心地を優先しました。

ところで、札幌への往復で、びっくり仰天。
ザワは猛吹雪。
行こうか戻ろうか悩みながらも進んだのですが、
幌向(ザワの西端)を過ぎたとたん、超快晴。
何とアスファルトまで出ている始末。
札幌はほとんど雪が無く、夏道みたい。
そして帰り。南幌周りで帰ったのですが、
ザワ方面なんか嫌な雲の帯。
案の定、南幌とザワの境界線である
夕張川にかかる橋の真ん中(ザワの南端)で降り始めました。
しかも、栗沢は真っ暗闇のホワイトアウト…
雪はカントリーサインを知っているのだろうか?
これはもう笑うしかありませんでした…

DSC_4009縮小版
メットの写真を撮ろうとしたら、
すぐさまノエルがやってきました。
外の匂いがするのかなあ…
長い時間嗅いでいました。






2016年01月02日 (土) | 編集 |
みなさま、
あけましておめでとうございます。

いやあ、とうとう年が明けましたね。
小生大晦日が1年中で1番好き。
子どもの頃から大好きだったなあ。

DSC_3983縮小版
年越しのノエル。
上の子のに乗っかって寝ています。
重いんです…

DSC_3985縮小版
元日は寝起きと共にビールをプシュー!とできる唯一の日。
うまいなあ、朝のビールは…
まずは腹ごしらえ。
ご馳走はお節でしっかりいただきますので、
わが家のお雑煮は鶏と三つ葉だけ。
しかも関西うどんの汁みたいな透明なお澄まし。

DSC_3989縮小版
定番お節。
変わらないから定番。
だからほっとする。
でも実はちょっとずつ変わっている。
ほんのわずかな「進化」ですが。

DSC_3988縮小版
こちらはノエルのご馳走。
お正月だけ食べられるカニ風味蒲鉾。

DSC_3986縮小版
こちらはお正月用徳利。
大学卒業のお祝いに、
ゼミの後輩たちが送ってくれたものです。
釧路の震度5でちょっと欠けたけれど、
今でも大切に使っていますよ。

DSC_4014縮小版
すでにご馳走に「あてられて」いるノエル。
目がいっちゃってる。

DSC_3998縮小版
ねえねえ、早く食べようよ!
はいはい、ではカンパ~イ!

…ということで、
 今年もできる限りアップします!
 よろしくお願い致します!