2016年11月30日 (水) | 編集 |
旅行2日目午前…
宍道湖の北岸を通って、出雲大社(いずもおおやしろ)へ。
普段、神社には全く縁のない小生ですが、
出雲大社には行ってみたかった。
古代出雲族にも興味があったし、
国譲りのエピソードが面白いし、
巨大社の建築構造も勉強したかった。

そこで、参拝する前に、
古代出雲歴史博物館を見学しました。

DSC_4822縮小版
国譲りの条件として、巨大社の建築を求めたオオクニヌシ。
神主の人形が見えるでしょうか?
当時は、こんな巨大建築物を目の当たりにするだけで、
神々しさを感じたのでしょうね。

半日いてもいいくらい、見ごたえのある博物館でした。
出雲の歴史を勉強したあとは、
すぐ隣の出雲大社へ。

大鳥居から入って、本殿をぐるりと一周。
人人また人…
実に多様な方言や言語が…
なるべく人の写っていない写真を選びました。

DSC_4904縮小版
後方から見た本殿。
夏希さんに撮ってもらいました。

DSC_4911縮小版
ちょうど「神在月」の出雲大社。
日本全国から土地の神様が集まって来ていました。
この建物に、神様が宿泊されているとのこと。
ここにも毎日食事が運ばれてきます。

DSC_4915縮小版
険しい山を背後に鎮座している出雲大社。
このお山自体を神様とみなしていたのかもしれませんね。
キャンプ用の折りたたみ椅子に座って、
1日中ボーっとしていたい神社でした。
それにしても、でっかいなあ。
このでかさも畏怖心に重要なのでしょうね。
今度は夜に来てみたいです。
小生、夜の神社が好き。

午後からは、この旅行のメーンイベント、
いよいよ夏希さんのご先祖様の墓参りに向かうのでした。

DSC_5435縮小版
前回毛づくろいをするノエルをアップしたので、
今回も毛づくろいシリーズ!
なんとも、かわゆし…






スポンサーサイト

2016年11月27日 (日) | 編集 |
今回の旅行は「初めて」食べ物も楽しみのひとつ。
宍道湖に行くなら「宍道湖七珍」を食べたかった。
ただ、時期が合わずに断念。
でも、旅館の夕食でいくつか食べることができる、
とのことで、とても楽しみでした。

なにわ一水さんでは個室の夕食でゆったり気分。
銀婚旅行記念にお箸も頂くサプライズもあって、
心配りがうれしい限り。

DSC_4778縮小版
写真はスズキの奉書焼。
よく「美味しんぼ」に出てきましたよね。

DSC_4777縮小版
宍道湖の名産「シジミ」。
お澄ましは泥臭さがなくて、美味しいです。
ちなみに朝食は味噌汁でした。
これまた最高!

DSC_4773縮小版
宍道湖産ではありませんが、
近海で取れた「ノドグロ」の煮つけ。
これがめっちゃ美味かった。
テニス錦織君の「ノドグロが好き」で、すっかり有名になりましたね。

他にもたくさんの美味しい料理。
とっても食べきれませんでした。
朝食も素晴らしかった。
その写真は、右側の夏希さんのブログ
ハーブ&スパイス」の「なにわ一水食事編」にてどうぞ!

DSC_5417縮小版
毎日毎日毛づくろいに余念のないノエル。
そのしぐさに癒されます。

2016年11月23日 (水) | 編集 |
日が暮れてから着いた「しんじ湖温泉なにわ一水」。
部屋からみた夜景はこんな感じでした。

DSC_4760縮小版
まちのあかりがとてもきれいね…
残念ながら、宍道湖の様子はわからず…
見たくてたまらなかった宍道湖は明朝の楽しみです。

この夜景をどこから見ているかというと、
DSC_4759縮小版
部屋の露天風呂からなのでした。
いやあ、あこがれだった部屋の露天風呂。
早速ひとっぷろ。
極楽ごくらく…

DSC_4788縮小版
一夜明けた宍道湖の様子。
夜明けとともにシジミ漁の出漁です。
予想以上にでかいな、宍道湖は。

DSC_4805縮小版
朝焼けに輝く湖で、
籠でひっかきひっかき。
これは重労働です。

このあと朝食で、
ありがたく赤みその「シジミ汁」をいただきました。
おかわりもいただき、漁師さんにも感謝感謝。

DSC_4813縮小版
朝食から戻ってくると、
レンブラント光線が。
美しい宍道湖に感動でした。
神々しい景色に見送られ、
このあと、宍道湖沿いの道を一路「出雲大社」へ。
                                 …つづく

DSC_4663縮小版
前回の続きで、
今度は全身もふもふ写真。
最近、気のせいか、毛並みがよいのです。
よく食べているせいでしょうか?



2016年11月19日 (土) | 編集 |
1日目(11月2日・水)…
朝7時のザワ(岩見沢)
ああ、雪が積もっています。
DSC_4667縮小版
これから新千歳空港へ出発です。
上の子が車で送ってくれました!

新千歳から羽田経由で米子空港へ。
雪の世界から半袖の世界…
改めて日本って細長いと感じました。
DSC_4688縮小版
米子空港の正式名称は「米子鬼太郎空港」。
そこかしこに妖怪たちがお出迎え。
目玉おやじもこの通り。

時間があったら境港まで足を延ばして
鬼太郎ロードを散策したかったのですが、
今回はパスして一路「足立美術館」へ。

6日間のうち4日間はレンタカーの旅。
よろしくね、ヴィッツくん。

DSC_4690縮小版
もっと深山にあるのかと思いきや、
「里」という言葉がぴったりの場所に
足立美術館が鎮座していました。

有名な庭園も見事でしたが、
日本画常設展や陶芸(特に北大路魯山人作)も
見ごたえ充分。
しかも院展入選作品の展示もやっており、
一足飛びではもったいなかったな。
1日中じっくり見たかったです。
(今回の旅はそんな所のオンパレードでした)

DSC_4735縮小版
足立美術館のパンフレットやHPに出ている、
開放的で広大な、言わば「陽」な庭園の写真も撮ってきましたが、
今回は、しっとりしたお気に入りの場所の写真をアップしました。

ついついゆっくりしてしまい、
気が付けば日も傾いてきました。
暖かいとはいえ、夕闇の足の速さはやっぱり秋。
宍道湖温泉「なにわ一水」さんに着いた時は、
すでに真っ暗でした。
宍道湖の様子は、朝にならなければわからないようです。

部屋、夕食、サービスともに素晴らしく、
夏希さんとハイテンションになりました!
                             …つづく

DSC_4661縮小版
冬毛に変わり、更にもふもふ感が増したノエル。
ああ、この手!
でかいけど…
それがまた…




2016年11月12日 (土) | 編集 |
無事帰ってまいりました。
いやあ、楽しかった、暖かかった…
帰ってきた北海道は真冬並み…
さすがに風邪を引いてしまいました。

帰道翌日からお仕事。
2日目の仕事中に猛烈な喉の痛み。
仕事の穴を開ける訳にいかないので、
即行病院へ。
風邪では約2年ぶりの病院。
何とか休まずに土曜日を迎えました。
今日はダラダラしています。
明日はスキーの指導者研修会で札幌へ。
今日中に風邪を何とかしなくては…

さて、今日は旅行の概要報告をします。

DSC_4670縮小版
1日目
上の子に送ってもらって新千歳空港
→新千歳から羽田経由で米子鬼太郎空港へ。
→トヨタレンタリースでヴイッツを借りて→足立美術館
→しんじ湖温泉「なにわ一水」で豪華宿泊!

2日目
→宍道湖沿いの道→古代出雲歴史博物館→出雲大社参拝
→江津市にある夏希さんのご先祖様のお墓参り
→山口県萩市の「萩本陣」泊。

3日目
→萩市内を見学して→仙崎の金子みすゞ記念館&みすゞさんのお墓参り
→秋吉台で写真を撮って→高速を一路大分へ
→由布院温泉「山水館」泊!

4日目
→湯布院の街を散策→日田市入り→ここでヴィッツとお別れ
→日田焼きそば「三久」さん→コールアイリスの皆さんと合流
→コロフェスタ合同合唱のリハーサル→夜の豆田町散策
→「サンホテル日田」泊。

5日目
→朝からパトリア日田にてコロフェスタ参加
→合同合唱もしっかりと歌って
→「三隈ホテル」泊&アイリスの皆さまと楽しい打ち上げ!

6日目
→豆田町散策→貸し切りバスで福岡空港
→空港のレストランで下の子と久々ランチ
→直通便で新千歳空港へ
DSC_5411縮小版
上の子が車で迎えに来てくれました。

こうしてみると、ぎゅぎゅっと凝縮された濃い旅行だなあ…
詳細はまた後日ご報告いたします!

DSC_4617縮小版
帰ってきたよノエルさん!
会いたかったよ~っ
何? この変な格好…


2016年11月01日 (火) | 編集 |
先ほど夏希さんと汗してパッキング終了。
いよいよ明朝フライトです。
5泊6日の山陰~九州。
楽しみです!
眠れるかなぁ…

DSC_4641縮小版
北海道は雪景色。
ねこのノエルは暖かいところを見つける名人(猫)。
今日はキッチンで日向ぼっこ。