2017年03月21日 (火) | 編集 |
日曜日に歌志内市のかもい岳で
テクニカルプライズの検定会がありました。
岩見沢連盟テクニカルコースの受講生さん5名も受けるので、
そのサポートとVTR撮影に行ってきました。

DSC_5785縮小版
当日は快晴で雪がよく締まっており、
最高のコンディションです。
今回は毎年使っている最急斜面のバーンではありませんでした。

DSC_5782縮小版
スタート付近からは、石炭の露天掘りが見えます。

DSC_5789縮小版
不整地小回りも西側のコブ斜面ではなく、
東側に作られたコブ斜面でした。

小生が受検した時より、ゆるいなあ。

DSC_5794縮小版
閉会式の様子です。
受検者は全部で50人。
合格者は何と11人!
テクニカルコースからも2名が合格!
おめでとうございます。

前走は技術選を終えたばかりの小森彩未SAJデモ。
小生が合格したときも小森デモでしたが、
あの時より格段に巧くなっていました。
来年の技術選もがんばってください!

閉会式で小森デモも言っていましたが、
全般的に体を倒しすぎる傾向が見られました。
その結果、谷回りが軽くなりすぎて、
しっかりと板に働きかけることができていません。
ターンの切り替えから素早く板を踏んでいく操作が、
今後ますます求められていくでしょう。
技術選の動画でチェックしてみると
よくわかると思います。
踏めていない人は板のR通りしかターン弧を描けず、
浅いターンになっていました。
合格した人との差が、
そこに出ていたと思います。

いずれにせよ、テクコースのおふたりさん、
合格おめでとうございました。
雪が解けたら、祝勝会をやりましょう。
今回涙を飲んだみなさん、
きっちり修正して、合格目指してがんばってください。

DSCF4441縮小版
在りし日のノエルです。
猫は暖かいところを見つける名人ですね。



スポンサーサイト