2013年07月08日 (月) | 編集 |
DSC_0396縮小版
いきなりバスの写真です。
例の南大夕張駅跡のラッセル車のそばに
な~っつかしいバスが置いてありました。
「三菱バス」といいます。
当時、夕張の炭鉱は北海道炭鉱汽船(北炭)が多かったのですが、
大夕張(シューパロ湖上流)や
南大夕張(シューパロ湖下流)の炭鉱は、三菱でした。
ですから、清水沢からこちらは鉄道やバスも三菱でした。
この、赤・青・白の車色に、窓枠のコバルトグリーンが、
小生にとってのバスの原風景なのです。
「みつびしバス」と言うことが出来ず、
「びりびりバス」と言っていた記憶があります。

その後、4歳で引っ越しして北炭傘下の地域に行きました。
そこでは三菱バスは走っておらず、
夕張鉄道(夕鉄)バスが走っていました。
小生が通っていた小学校の目の前に
本社や車庫やターミナルがあり、
すっかり夕鉄バスが「おらがバス」になりました。
夕鉄さんには今でも色んな所でお世話になっています。

DSC_0344縮小版
それにしても厳しい暑さの北海道。
2日連続で30度を超えました。
突然くるんだものな~
徐々に上がってくれよ~
なあ、ノエル。
じゃないと、バテちゃうよな…



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック