2013年07月13日 (土) | 編集 |
美唄ピパの湯という♨に行った時の事…
小生の郷土愛をくすぐる炭鉱マンの絵の、
「やきとりんぴっく」を告知するポスターを見ました。

かつて炭鉱マンのスタミナの元となった「美唄やきとり(もつ焼き)」。
今では美唄人はもとより、
岩見沢人のスタミナ源となっております。
小生も大好き。
岩見沢駅ターミナル前の「三船」さんは、
もう十数年通い詰めた美唄~岩見沢の味。
1回行けば20本は食べたもの…

さて、そんな訳で、朝から焼き鳥気分。
夏希さんをさそって、
全国からやってくる焼き鳥屋さんのブースを回る提案。
「各店2~3本ちょちょっと買って、家で炭火で温め直して
 ビールジョッキを手に食べ比べしようよ!」
「まあ、30分もあれば全国分は十分でないかい?」
 …甘かった(涙)

DSC_0412縮小版
この人ごみです。
いやいや、この列です。
吉田類さんの「酒場放浪記」で紹介された「ダルム」を
どうしても食べたくて久留米のブースに並ぶ小生。
周りからは「1時間以上並ぶって…」。
な~に~?
焼き鳥ごときに1時間?
並ぶのが大嫌いな小生と夏希さん。
たかが焼き鳥、されど焼き鳥①、
普段どんなに腹を空かせていても、
絶対に並ばない我ら。
たかが焼き鳥、されど焼き鳥②、
吉田類さんのウマそうな顔を思い出す。
ああ、ダルム…
結局手分けして並ぶことに。
暑い、アスファルトで30度。
やめようか…
たかが焼き鳥、されど焼き鳥③、
ビールを手にした人々が妙に恨めしい…

まあ、見てくださいな、この感じ。
DSC_0415縮小版
DSC_0417縮小版
DSC_0418縮小版
順番が回ってきた時のうれしさよ!
きっと、その充実感のために、日本人は今日も並ぶのでしょう。
いらないわあ~、並ぶのが大嫌いな小生は、
来年は「絶対行かねえ」と誓うのでした。

DSC_0424縮小版
で、帰って来て早速炭火で温めなおすダルム。
うまいわ~
こんな柔らかいダイチョウ~!
甘辛いタレがまた絶妙!

DSC_0425縮小版
鍋&焼肉の〆は何時かの機会に熱く語りますが、
今回は道産子(ドサンコ)らしく、焼きトーキビ&焼き馬鈴薯。
焦げた醤油の香りがタマリません。
「マグロのカマ焼き」も焦げ醤油に合うのです。

DSC_0373縮小版
ねこのノエルは、窓から我らに、にゃあにゃあ。
ノエルも食べたいよね。
ああ美味い…
先ほどの「絶対行かねえ」の誓いが、
早くも揺らぐのでした。
「来年はどこの町の焼き鳥を食べようか…!?」

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック