2013年09月17日 (火) | 編集 |
夏休みが終わって2学期が始まると、
よく、この虫の音を聞いて学校から帰っていました。
夏の終わりを感じさせるこの虫の名前は、
「カンタン(邯鄲)」です。
小学生である小生の背丈ほどある、
路傍の蓬生(よもぎ)の一叢から、
ポポポポポ…と声は聴こえるのですが、
当時はなかなか姿を見ることができませんでした。
高学年になると、さすがに捕まえることができ、
家に持って帰ってこの鳴き声を聴きながら眠りにつくのですが、
朝になると決まって親が逃がしてしまっていました。
うるさい!との理由で。
でも本当は余りに憐れな鳴き声で、
かわいそうで逃がしていたのでしょうね。

DSC_0725縮小版
全長2センチ程度の小さな虫が、
うちの庭に沢山います。
これも男子一生の仕事を全うしようと、
頑張っています。
大人になった小生は、
邯鄲の鳴き声を肴に、
ビールをぐびりと。
陰陽師の清明&博雅よろしく、
夏希さんと庭を眺めつつ…

DSC_0734縮小版
変な寝方をしたせいか、
ねこのノエルの顔が変形してしまいました。
家に入ってからは、
ノエルを肴に泡盛をほろりと…
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック