2013年09月23日 (月) | 編集 |
裏庭にある小さな小さな池。
一応ビオトープになっています。
去年の秋にメダカちゃん越冬作戦を敢行し、
無事越冬を確認。
そのメダカちゃんが卵を産みました。

DSC_0732縮小版
これがお母さん。
何だかとっても大きいので、
ビッグママと呼んでいます。
水槽ではないので、オスがいるかどうか
確認できないものですから、
近くのホームセンターから数匹買ってきました。

ただ、うちはビオトープなので、
オタマジャクシも一緒に泳いでいます。
卵を産んでも、それが孵っても、
食べられちゃうんだろうな…
と、あきらめていたら、
昨日夏希さんが庭から大声で小生を呼びます。
何かと思って行ってみたら、
メダカの赤ちゃんが元気に泳いでいます。
赤ちゃんと言うには、もう結構大きくなっていて、
これならもうオタマジャクシには食べられないでしょう。
たくさん水草を入れていたのがよかったのかもしれません。

余りに小さいので、写真には写せませんが、
よく池を覗くと、ミジンコやら水生昆虫やら、
どこから来たのかモノアラガイやら、
そしてもちろんボウフラやら…
残念ながら、産卵用に買ってきたメダカちゃんたちは
姿を消してしまいました。
小さい池だと、大雨が降ると急激に水温が下がり、
温室育ち(温水育ち?)は、
その大幅な変動に耐えられないのでしょうね。
来年はもっと大きな池にしたいな…
夏希さん、どうでしょうか!?

DSC_0569縮小版
この頃、ノエルのもふもふが気持ちよくなってきました。
秋だなあ… っと感じるのでした。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック