2014年06月09日 (月) | 編集 |
今朝起きたら、
カマキリ君が孵化していました。
今回はオオカマキリ君たち。
全長1cmくらい。
DSC_0339縮小版

小生、カマキリ君が大好き。
でも、北海道の中央部(道央)から北側には、
生息していません。

道南(函館方面)には、
昔から小さなカマキリがいて、
小学生の頃、こちらに実家がある友だちが
お盆の帰省のおりに
カマキリを捕まえて来て
小生たちに見せびらかすのを
実に羨ましく思っておりました。

大人になって、岡山の友だちが、
毎年卵鞘を送ってくれます。
孵った幼虫はほとんど庭に放します。
一匹だけ水槽で飼うのですが、
庭には大きくなった「野良カマキリ君」が
何匹も縄張りを守っています。
これがとってもかわいいのです。
本州の人たちに、
この感情は不思議がられます。
それほど身近な昆虫なのだそうです。
うちらがキタキツネを迷惑がるのと同じでしょうか!?

今年も大きくなってほしいな。
不定期にカマキリ日記を連載しますね。

DSC_0216縮小版
雪解けの頃、日向ぼっこするねこのノエル。
ねことカマキリって、
とても共通点があるのです。
「エサ取り」に失敗した時に
「毛づくろい」して誤魔化すところとか…



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック