2014年06月23日 (月) | 編集 |
トノサマガエル、
アマガエル、
カエルにいろいろあるけれど…
という歌がありました。
ええ、今から40年も昔の事です。
大好きだったアニメ「ど根性ガエル」の
オープニングテーマでした。

この歌が流行った頃は、
北海道には確か、
エゾアカガエル(通称ツチガエル)と
アマガエルしかいなかったと記憶しています。

何時しかウシガエル、
ガマガエルなども定着との報道。
「国内外来種」と言うそうです。

岩見沢で発見!
DSC_0364縮小版
小生、子どもの頃には決して見たことのないカエル。
DSC_0366縮小版
昔あこがれたトノサマガエル?
DSC_0363縮小版
調べてみると、
ピンポイントに岩見沢にだけ、
「トウキョウダルマガエル」という
トノサマガエルにそっくりなカエルが
定着しているそうな。
始めて見る小生には
まるで区別がつきません。
どっちだろう?

彼らに罪はないけれど、
もうシャバには帰れません。
中学校の解剖用に大量に国内移入されたそうです。
相当な定着率らしいのですが、
少しでも環境を守りたいです。

DSC_0373縮小版
毛づくろいするノエルがあまりにもかわいいので、
昨日の続きを載せました。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック