2014年07月09日 (水) | 編集 |
今朝のブラジルVSドイツ…
まあ、いろんな人がいろんな事を言っています。
そのくらいの衝撃…
サッカーも人生も、
そういうことなのでしょうね…

いよいよ明朝は、
アルゼンチンVSオランダ、
すごいカードですねえ。
たまらん!
高まりまくっています。
ギョウザ喰いてえ! (「スペック」より)

ところで、何で小生がアルゼンチンファンなのか…
小生の小学生の時は、少年団などありませんでした。
でも、当時マイナースポーツだったサッカーが好きでした。
その頃のサッカーの指導書は
ドイツ(クラマー先生)かブラジル(ペレ先生)。

中学校で部活に入って毎日サッカー。
(セルジオ越後さんがうちの中学校に指導に来てくれました)
でも、夜は電気少年。
夜な夜な半田ゴテ持つ少年でした。
当時、外国の短波ラジオ放送を聞く「BCL」にハマってました。
でも「アンデスの声」や「アルゼンチン国営放送」は、
手作りのアンテナを立ててもなかなか聞けなかった。
夕張が山の中でロケーション(電波受信環境)が良くなかった、
というのもありますが、そもそも日本では聞くのが難しかった。

1978年にアルゼンチンでW杯が開かれました。
「アルゼンチン国営放送」は毎日ライブ放送。
テレビの衛星放送が少なかった時代。
ほとんどテレビ中継はありませんでした。
小生、筋金入りの「ラジオっ子」でした。
そのラジオ放送が面白い。
日本語放送は少ないのですが、
ノイズに混じって現地のアナウンサーが絶叫しまくり!
その様子が面白くて
せっせとレポートを書きました。
もちろんサッカー万歳! アルゼンチンチーム万歳!
すると…
な、な、なんとペナントが送られてきたのです。
白と水色の縞々模様にスペイン語で、
「アルゼンチーノ ’78」と書かれていました。
(ただし、なぜか「ベリカード(=受信証明書)」は無かった)

日本では感じられなかったサッカー愛、
南米の風をひしひしと感じたのでした。
以来、南米サッカーが大好き。
ブラジルも好きだけれど、
何と言ってもアルゼンチンファンになりました。
もちろん、その他の中南米も大好き!
(今回はコスタリカを大応援!)

1986年メキシコ大会ではマラドーナに熱狂し、
2002年日韓大会では、生でアルゼンチンサポーターになりました。
クレスポやクラウディオロペスの活躍があっても、
ベッカムのPKに沈んでしまい大ショック!
それでも、世界を肌で感じたビッグゲームに酔いしれました。

明日の試合を考えると
鼻血が出そう…
オランダの布陣はすげえ、
強力圧力!
でも、メッシが何とかしてくれる!
信じています。
ビバ! アルゼンティーノ!

DSC_0448縮小版
連日の暑さで、ノエルがでろーん。
ごめんねノエル、朝から叫ぶからね。
赦してね、
間もなくW杯終わっちゃうから…

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック