2014年07月21日 (月) | 編集 |
ご無沙汰でした、吉之亟でございます。
1週間も更新が開いてしまいました。
ええ、ええ、そうですとも、我らがアルゼンチンが…
そのショックから立ち直れませんでしたよ…
しかしまあ、考えてみれば準優勝。
すごいじゃありませんか、アルゼンチン。
メッシのチームと言われていましたが、
どうして、どうして、
個々の力は皆すごかった。
こちらも4年後がどうなるか、楽しみです。

さて、この連休に帯広に行ってきました。
夏希さんが親友と三十数年ぶりに会うためです。
感動の再会! の様子は右の「ハーブ&スパイス」で!

ちょっと前まで、日高山脈を越えるには、
ほぼ1日懸かりでした。
北海道は広い!
峠もキツい。
でも、高速道路が通ってからは、
岩見沢から3時間かからずに行けるようになりました。

夏希さんが親友さんと会っている間、
帯広駅周辺を歩いてみました。
DSC_0534縮小版
まずは帯広屋台村。
いいですねえ、こんなところで一寸一杯。
吉田類さんみたいに。
残念ながらこの後、車の運転があるので、
写真だけでおしまい。
何時かここで呑んでみたいですね。

DSC_0538縮小版
駅前にいるエゾシカさん。
もちろん銅像。
デパートの前にもいました。
帯広駅前の象徴なのでしょうか?

DSC_0543縮小版
でもって、こちらが本物のエゾシカさん。
出てきちゃいましたよ、あぶねーな。
内地の方はこんな光景がとっても嬉しいのでしょうが、
北海道民は怖くて仕方がない。
鹿そのものが怖いのではありません、熊じゃないから…
もろにぶつかると車がおしゃかになってしまうのです。
それが怖い…
車の中から撮ったので、編集で思い切りアップにしました。
そのため、ちょっとブレブレです。
十勝川温泉に泊まって、
襟裳岬回りで岩見沢への帰り道、
広尾町手前の国道にて。              …つづく

DSC_0471縮小版
こちらはハスカップ酒をつくる夏希さんの邪魔をするねこのノエル。
小生が歩くその足の間をすり抜け、
こちらもある意味怖い。
先日、片手にお酒、片手に水をもって二階へ行こうとしたら、
ノエルを踏みそうになってスっ転びましたよ。
小生がおしゃかになるところでした…

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック