2013年03月28日 (木) | 編集 |
小生が製本をするようになったのは、
ある人に手作り絵本の製作をすすめられてです。

釧路市に住んでいた時、
絵本専門店「プー横丁」に足しげく通っていました。
その店主「ちえさん」に、
「絵本って簡単に自作できるんだよ」と教えてもらい、
見本をいただきました。
作り方が気になって仕方のない小生は、
とうとう古い本を次々分解し出しました。
インターネットなど普及していない、
昔の話です。

本は大切にするもんだ、
と刷り込まれていた小生ですが、
その構造を知るにつけ、
製本の魅力に憑りつかれました。

時折、全道的な会合でちえさんのお顔は拝見していましたが、
ここしばらく、お会いしていません。
ちえさん、元気かなあ…!?

DSCF4440縮小版

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック