2015年05月07日 (木) | 編集 |
この季節になると、思い出すことがあります。
そうですねえ、GWのちょっと後くらい。
むか~しむかし、小生が小学生だった頃の話。

親父の職場の人たちで船を借り、
毎年カレイ釣りに行きました。
場所は小樽市蘭島。
職場の人たちは船宿に泊まっていましたが、
蘭島や余市には親戚がいたので、
小生がたは家族で行っておりました。

釣れるわ釣れるわ、小学生の小生でもめっちゃ釣れた。
「釣りキチ三平」ちゃんに夢中だった小生は、研究に余念なく
高学年になると、大人より大物を釣っていたほど。
親父と二人で3桁釣っていました。

それを親戚一同で食べるのです。
多くはマガレイとソウハチ。
から揚げが美味かった。
何枚も何枚も食べました。
男衆は酒盛りでしたが、
台所は女衆の戦場でした。
だって50枚以上揚げるんですよ。
そりゃもう、仕込みから大変。
お袋の姉と妹の通称「三婆」に、いとこの女衆も加わって、
凄い光景でした。

DSC_3310縮小版
今でもカレイのから揚げは大好物。
さすがに「何枚も」は食べられなくなりましたが…
親父も伯父たちも、今の小生より若かった。
だから、あんなに呑んで食ってたんだろうな。

DSC_3339縮小版
昨日は黄砂がひどかった。
10キロ先が見えなかったです。

DSC_3342縮小版
それでも、ねこのノエルは寝続けます。
さすがは「寝子」…



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック