2016年01月28日 (木) | 編集 |
みなさま、ご無沙汰いたしました。
仕事とスキーで、毎夜 「バタン、キュー」 なのでした。

1月に入ってから、
毎週4日以上はスキーをはいています。
お陰様で、筋肉痛と大の仲良しです…。
仲良くしたくないのに…

その間、NFLもクライマックスを迎えました。
あのペイトリオッツを
何と何と、ブロンコスが抑えたのです!
いやあ、ペイトン・マニングとトム・ブレイディ―のQB対決、
ブロンコスのディフェンス陣が決着をつけましたねえ!!
アンチ・ペイトリオッツとしては面白かった~!
2月8日のスーパーボウルは、
今季大注目のパンサーズQBキャム・ニュートン VS
ブロンコスの大ベテランQBペイトン・マニング!
めちゃくちゃ楽しみです…

さて、スキーの準指導員検定ですが、
合格点は、1種目100点の合計
8種目で800点中600点以上です。
1種目平均75点以上となります。

この1種目平均の点数ですが、
以下のような基準があります。
   バッジテスト2級→65点以上  
   バッジテスト1級→70点以上
   準指導員検定 →75点以上
   テクニカル検定→75点以上
   指導員検定  →80点以上
   クラウン検定 →80点以上
ただし、検定の観点が違うので、
同じ準指とテクの合格点でも、
難易度が違ってくることは、まま、あります。

小生、テクに合格した時は、
5種目オール75点でした。
まあ、準指検定も全種目75点取れれば問題ないわけですから、
8種目全部まんべんなく頑張りますわ…

DSC_4020縮小版
台所の登ってはいけない場所へ登ったノエル。
怒られると判っているので、
こんな顔をしています。

DSC_4021縮小版
でも、自分から降りようとはしません。
追い立てられるまで、ねばる作戦…

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック