2016年12月04日 (日) | 編集 |
突然ですが、NFLも第4コーナーを回りました。
我らがマイアミ・ドルフィンズは何と7勝目をあげ、
トム・ブレーリー率いるペイトリオッツを猛追。
こんなドルフィンズは久々。
小生、テンション↑↑
がんばれ!ドルフィンズ!!

さて、今回は夏希さんのご先祖様のお墓参り。
出雲大社から一路、島根県江津市都治町へ。
海岸から山間に入ること車で5分。
やっぱり道路が狭い。
北海道では考えられない狭さに、
運転する夏希さんも「ぃやー!」連発。

都治郷は平安以前から栄えた集落。
かわいらしい盆地です。
まずは夏希さんの曽祖父が修行に入ったお寺へ。
DSC_4968縮小版
円勝寺さんは間もなく開基500年を迎える
歴史の古いお寺。
北海道ではあり得ない古さ。
すごいなあ…

事前に連絡していたので、
住職さんが出迎えてくれました。
本堂でお参りを済ませて、
住職さんの案内でお墓へ。

DSC_4965縮小版
こんもりした円墳のような丘の中腹に、
夏希さんのご先祖様が住んでいました。

DSC_4960縮小版
この道の先にお墓があります。

小生のご先祖様(秋田県)のお墓もそうですが、
田んぼや畑や庭の敷地に、その家のお墓場がありました。
北海道では、ほぼほぼ公共の墓地に埋葬するのが普通です。
慣れるまで、とても珍しい景色でした。

DSC_4958縮小版
念願かなってお墓参りする夏希さん。
住職さんがお経を読んでくださいました。
ありがたいことです。

この墓地はご先祖様の隣人であるKさんの土地です。
墓地を持たないご先祖様がお借りしていたとか。
通常このようなことは滅多にないそうで、
相当親密な関係にあったのではないかと推察されます。
読み取れたご先祖様のお墓7基と、
読み取れなかったお墓を合わせて、
建て替えてくださったそうです。
写真で分かる通り、孟宗竹の林が迫っています。
毎年春に根切りをしてくださっているそうです。
これは大変な作業に違いありません。
Kさんは本当に奇特な方で、感謝感謝なのでした。

住職さん、
Kさん、
本当にありがとうございました。
心からご縁に感謝です。
                 合掌

夏希さんも感慨ひとしお。
晴れ晴れした表情でした。

DSC_5452縮小版
またもや「毛づくろいノエル」。
今回は小生の腕の中で毛づくろい。
夏希さんが撮ってくれました。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック