2016年12月10日 (土) | 編集 |
夏希さんのご先祖様のお墓参りを済ませて山口県内へ。
この日は萩市の「萩本陣」に泊まりました。
楽しみにしていた「ふぐ」。

DSC_4977縮小版
ん? まあ、美味しいけれど、こんなもんだったかな…!?
食べる場所も大衆食堂みたいな騒々しさ。
子どもは走り回るわ、おばちゃんはけたたましく笑ってるわ…
う~ん… 
こんな宿もあるんだなあ…
勉強になりました。

旅行3日目は、仙崎の金子みすゞ記念館へ。
25年も前のこと、
夏希さんがまだ無名だったみすゞさんの詩集を買ってきました。
以来、みすゞさんの大ファンに。
まさか本当に行けるとは思いもしなかった仙崎。
とても風情があり、町全体がみすゞの記念館といった感じでした。

DSC_5002縮小版
みすゞさんが働いていた金子文英堂を復元した入口。

DSC_5021縮小版
みすゞさんの部屋も復元されていました。

DSC_5036縮小版
車でちょっと行ったところに、
みすゞさんのお墓もありました。
決して幸福とは言えないみすゞさんの結婚生活。
人生に「たられば」はあり得ませんが、
世が世なら… と残念で仕方がありません。
心底、胸を打つみすゞさんの詩。
お墓参りまでできて、本当によかったです。
みすゞさんの分まで一生懸命生きねば。

この後、関門海峡を渡って、いよいよ九州へ。
意外と近くてびっくり。
どなたか作家さんが言ってたな、
縮尺上の北海道距離感と本州距離感は全く違う、と。
改めて北海道のでかさを実感したのでした。

DSC_5449縮小版
ううっ、
この手が…


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック