2013年03月06日 (水) | 編集 |
ノエルという名前は子どもたちが考えました。
いろいろ候補を出しましたが、
すんなりノエルに決まりました。

別に聖夜に生まれたわけでも、
教会で保護されたわけでも、
ましてやフランス生まれなわけでもありません。
見た目で決まったのです。
そう、あの「ブッシュ・ド・ノエル」のケーキに
そっくりだったからです。

ブッシュ・ド・ノエル…
「薪」をイメージして作られたケーキ。
クリスマスは毎年連れ合いさんがケーキを焼くのですが、
ブッシュ・ド・ノエルも何度か作ったことがあります。
丸々太ったノエルは、
色といい、
形といい、
まさにブッシュ・ド・ノエル!
DSCF4227縮小版
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック