FC2ブログ
2018年08月02日 (木) | 編集 |
暑い日が続いております。
皆さま、お体は大丈夫ですか?
内地は勿論、北海道でも猛暑が続いております。
北海道で35℃超なんて、聞いたこともない。
北海道民の多くはクーラーを設置していません。
そのため、眠れない夜を過ごしています…
いやはや、何とも…

さて、新作の毛鉤を作りました。
その名も「ノエル・スペシャルⅠ」
テンカラ用にアクションを加えられるようなニンフにしました。
まずは写真を!

IMG_0869縮
「テンカラ」を知らない方のために説明します。
日本古来の毛鉤釣法で、
リールを使わずに、手延竿に毛鉤をつける釣法です。

次に「ニンフ」とは、
水底に住む川虫(カゲロウやトビケラなど)の幼虫を模した毛鉤で、
川の底を流して釣ります。

  (ちなみに、「ドライフライ」と言えば、
    川虫の成虫(羽虫)が空を飛びながら、
     水面で羽化や産卵するところなどを模した、
      水面に浮かべる毛鉤です。)

なぜ「ノエル」なのか?
写真を見てピンときた方は素晴らしい!
胴の白い毛が、ノエルの毛なのです。

ノエルの前のねこの時も、
ブラッシングした時の毛を毛鉤にして、
釣れた魚をお礼として食べさせていました。
ノエルの毛も、保存していました。
いつか毛鉤を作ろうと…

…で、川に行きました。
いつもの練習用のニジマス河川です。
知人がテンカラをやってみたいとのことで、
今回もまたガイドです。

要所要所のポイントを知人に釣らせながらも、
交代で先行しました。
その1投目で1発ヒット!
20㎝ちょっとの若造ですが、
沈める前の水面近くで喰いつきました。

DSCF1181縮
毛鉤の写真を見て気づきましたか?
リリース(川に放す)し易いように、
「返し」をつぶしてあります。
釣り上げるにはヒリヒリしますが、
これだけでずいぶん魚の口を保護できます。

そのためランディング(ネットに取り込む)すると、
すぐに毛鉤が口から外れます。
本当は毛鉤を咥えたままの写真の方が
映えるんですけどねえ。
まあ、お魚ちゃんのためなので、ご理解ください。

この日の「1投目」の「着水間もなく」というところが気持ちいい。
狙った新作の、
狙い通りのヒット。
…気持ち、いい。

ノエル、ありがとう。







スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック