FC2ブログ
2018年12月16日 (日) | 編集 |
寒いですねぇ…
本州でも真冬並みの寒さだとか。
先日、出勤時の気温がマイナス11℃でした。
12月で、これはないわ~

という訳で昨日、
わがホームゲレンデの萩の山市民スキー場がオープンしました。

IMG_1137縮
この土日は用事が立て込んでいたので、
滑らずに事務お仕事のみ。
初滑りは来週かな?

さて、北海道の冬の御馳走と言えばたち」!
「たち」とは鱈の白子のことです。
地域によっては「たつ」とも言います。
まあ、母音の i → u の音韻変化で、「すじこ」を「すずこ」と言うのと一緒です。

大抵の子どもは大嫌い。
だって、見た目が脳みそ。
味も子ども向けではない。
小生も夏希さんも、子どもの頃は食べるのが嫌だった。
でも、大人になるにつれ、初冬の御馳走に。
今では大好物のひとつです。

真鱈の白子「まだち」のいいのが生協にありました。
ぷりぷりっとして新鮮そのもの。
となれば、煮つけや鍋や唐揚げより「たちポン」かな。
でも、湯通しの見極めが難しい。
火を通しすぎると固くなるし、
火が弱いと、どろっと崩れて食味が数段落ちる。
味付けはポン酢に、薬味がネギやらもみじおろしやらが定番。

そこで、ちょいとアレンジ。
夏希さんが福岡からチャンジャを買ってきたので、
出汁にくぐらせたまだちにチャンジャを載せてみた。
IMG_1118縮

これが大正解!
そりゃあ、鱈の白子に鱈の腸だもの、合わない訳はない。
みなさん、お試しあれ。
日本酒がすすむ逸品でした。

〆はこれ!
IMG_1140縮
ねりうにみそ焼きおにぎり
うにと言えば北海道!
と考えがちですが、実はこのねりうに、山口産です。
娘の夫さんのご両親からお土産で頂いたものです。
香ばしく炙って、たまりませんわ。

お酒は濁り酒ではありません。
泡盛の甘酒割です。
これもオリジナル。
「飲む点滴」と言われる甘酒で酔えます。

仕事辞めて夏希さんと店だそうかな?
呑兵衛の集う店を…
夏希さん、小料理屋の若女将が似合いそう。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック