2013年04月22日 (月) | 編集 |
いよいよ「庭いじり」の季節到来!
雪が無くなったところから、
いろんな植物君たちが芽吹き始めました。
小生お気に入りのバックヤード「里山コーナー」では、
早くもキトピロ君がこんにちわ。
キトピロ…
ギョウジャニンニクのことをアイヌ語でこう言います。

DSCF0345縮小版

北海道には、キトウシと言う地名がとても多いのですが、
これは「キトピロ(=キト)が群生するところ(=ウシ)」の意味です。
昔から、キトピロはとても大切な山菜だったんですね。

ところで、小生は子どもの頃から「庭いじり」の好きな子でした。
…と言っても、小生は子どもの頃からアパート暮らし。
庭などありません。
そのため、親戚の家や、山の中の基地の周りに、「庭」をつくっていじってました。

大学時代は、一軒家を借りていました。
昔下宿だったボロ家なので、
めちゃくちゃ家賃が安かったのです。
大家さんは隣に住んでいて、
広い畑を持て余し気味。
小生に一区画貸してくれて、
小生は野菜を育てて食べていました。
超貧乏生活の小生にとっては、
ありがたい「お野菜様」だったのです。

DSCF0335縮小版

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック