FC2ブログ
2019年07月20日 (土) | 編集 |
いよいよ夏希さんの出番がやってきました。
北海道の初夏の大イベント「PMF」。
PMFは「パシフィックミュージックフェスティバル」の略。
「ラプソディー・イン・ブルー」でお馴染みの
レナード・バーンスタインが提唱した
世界的なクラシック音楽の教育イベントで、
様々なジャンルの若手クラシック音楽家を育てるために
毎年1ヶ月以上の期間、開催されているものです。
30周年記念のプレミアムコンサートは、
何と、マーラーの交響曲第8番変ホ長調!
夏希さんはその合唱団の一員として、
2回のステージに立ちます。
指揮は、マエストロ=クリストフ・エッシェンバッハ(…す、すごい!)。

小生、マーラーは初めて。
同時代のラフマニノフやサティはクラシックの中でも
1位2位を争う大好きさなのですが、
マーラーはあまりチェックしていませんでした。
今回、夏希さんが歌うにあたって、
マーラーについてメチャ調べてくれて、
大変勉強になりました。
詳しくは、右の「ハーブ&スパイス」を読んでください。

さて、忙しい日々。
ストレス解消は、ズバリこれ!
そう、料理です。
ちょっと前の写真ですが…

IMG_1594縮

小生は「美唄焼き鳥」が大好きです。
鳥の内臓を茹でたり蒸したりした後、
串に刺して焼いたものです。
味付けは塩コショウ。
美唄周辺の南空知人はみんな好き!(じゃない人もいますが…)
確か、全国ご当地焼き鳥に、
室蘭焼き鳥(豚串たれ味)とともに、
北海道代表として選ばれているはずです。
その昔、開拓時代に鶏は貴重な蛋白源。
内臓も無駄にはできませんでした。
炭鉱全盛期には、
重労働だった炭鉱マンのパワーの源となった串。
炭火で焼かなけりゃいけないキマリです。
ただ、いろいろな部位が刺されており、
部位によって好き嫌いも。

じゃあ、好きなモツを刺したら、もっといいじゃない!
…ということでやってみました。
オリジナルモツ焼き

今回は、
    砂肝
     豚タン
      豚腸
       鳥ぼんぼち

が美味しそうに陳列されていたので、
部位に応じた茹で時間でアクと臭みを抜いた後、
串に刺して焼きました。
思った通り、柔らかく、香ばしく、旨味満載で、
ビールが進む(道産子はやっぱりサッポロクラシック)。

ご飯は、
旬のワラビと天かまと松山揚げの炊き込みご飯。
ワラビのサクッとしてネッとりした食感が美味い!

IMG_1595縮
こちらは豚挽肉をトマトとひよこ豆と玉ねぎとうちのハーブで
タコライス用のタコにしたものの一部を
ボローニャソース風にアレンジして、
茹でたマカロニと絡めたオリジナル料理です。
庭のパセリのみじん切りを
たっぷり載せていただきました。
いやあ~、赤ワインがすすむ!

や、やばい!
また、腹が出っ張ってくる!




スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック