FC2ブログ
2019年08月04日 (日) | 編集 |
いやあ~、暑い!
そして、この湿度。
連日ほぼほぼ100%…
昨日あたりからようやくからっとしましたが、
外に出るとフライパンの上にいるようです。
IMG_1660縮
エンジン始動後すぐの画像ではありません。
信号待ちしている時に撮ったものです。

そんな中、行ってまいりましたよ。
今季初の渓流へ。
勿論小生はテンカラ釣りです。
道東&道北のヤマベ解禁は7月1日から。
それから1ヶ月過ぎ、釣り人も落ち着いたのではないか?
ってな感じがして、今回初めてご一緒するフライマンと釣行。
彼のランクルで道北の山岳渓流へ。

朝5時出発のザワもどんより&蒸し蒸しでしたが、
着いてみると海からの湿った空気が山塊にぶつかり、霧雨状態。
アブの来襲と相まって、キツい遡上になりました。
30分ほど登った地点から竿を振りだすと、
来ました来ました!
ちょっとした深みにドライを浮かべ、
誘いを…
思った通りの場所で、
思った通りの出方、
そして、思った通りにヒットさせました。
この辺りはイワナ&アメマスが多いようです。

DSCF1206縮
尺越えアメマス連発。

今回初めてご同行させていただいたフライマンは、
大きな川や湖で、大物レインボーや大物アメマスを釣っている人。
屋根みたいにかかる木の枝など物ともせず、
見事にポイントに打ち込むベテラン。
久々の山岳渓流ということで、
初めのうちは合わせられず、
なかなかフッキングしませんでしたが、
慣れてくればバッチリ。
交互に先行しながら遡上するうちに…

DSCF1202縮
ようやく出始めたヤマベちゃん。
それも、20㎝オーバーの幅広ヤマベ。
精悍な顔つきです。
湿度がすごく、川面に霧が立ち込めています。
それでも30℃は越えているでしょう。
汗と霧で全身ずぶ濡れです。

途中の溜まりには、海から遡上したとみられる
50㎝オーバーのアメマスの群れ。
ただ、いつものことですが、
こいつらは喰いつかないんです。

そうこうするうちに目的地の砂防ダム下の深み。
その、1発目でした。

DSCF1209縮
強烈なアタリを見せたのは、
「泣き尺(尺=30㎝にわずかに届かない)」サイズの28㎝
見事な体高のヤマベ。
小生のヤマベ体長新記録です。
顔つきも逞しい、成熟した雄。
次世代の産卵のため、リリース。

かれこれ10年以上通っている川ですが、
イワナもアメマスもヤマベも、
これほど型がそろったのは初めてです。
勿論、ピンコ(生後2年未満の子ヤマベ)もたくさんいましたが…

食べるために釣っている小生は、
20㎝オーバーのヤマベ3匹と
喉奥にフッキングしたためフックを外すのに弱ってしまった尺アメ1匹を
キープして、あとはリリースなのでした。

今回のヒットフライは、これ!
IMG_1663縮
エルクヘアカディス。
新作のオリーブグリーンカラ―のボディです。
いつものピーコックボディのカディスにもヒットしましたが、
これが1番喰いつきが良かった。

フライマンさんも、大満足の釣行でした。



スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック