2013年04月28日 (日) | 編集 |
寒いGWです。
北海道のあちらこちらでは何と積雪が…
幸い、このあたりは、まだ雨も降っていませんが、
どんより曇っています。
今日は、まなみーる合唱セミナーの本番。
全道各地から受講生がいらっしゃるので、
天気がもってくれたら、と思っているのですが…
迎える側としては、とっても気がかりなのです。

さて、うちの庭にはいろんなお客さんが来ます。
これも、そのひとつ。

DSCF4225縮小版

去年割れた鉢の裏で作りかけていたコガタスズメバチの巣です。
春も盛りに何だか1匹しつこく飛び回っているので、
よ~く観察していると、ラベンダーの茂みの中に、
ひょっ、と入り込みました。
この時期に飛んでいるのは、巣作りをしている女王蜂です。
そ~っと覗いてみると、あったあった!
コガタスズメバチは割とおとなしい性格なので、
薬をかけるとすぐに動けなくなるか逃げていきます。
(秋の最盛期には恐ろしい性格に豹変しますが)

例えオオスズメバチでも、この時期の女王1匹と戦うと、
やっぱり人間の方が断然強いです。
(集団で襲われると、人間でもひとたまりもありません)

巣の中には彼女の子どもが3匹いました。
薬をかけたので、食べられませんが…
ちなみに、コガタスズメバチの巣は
もう少し大きくなると、下の入り口が管のように伸び、
丸型フラスコをひっくりかえたような形になります。
その後、子どもたちが大きく育つと巣も巨大化するため、
自分たちで、この管を取ってしまいます。
入口の管は、きっとたった1匹で子育てに励んでいる、
女王のためだけの物なのでしょうね。

DSCF0079縮小版

ノエル、少しは蜂を見習って、働いてみろよ。
せめて自分が遊び散らかした新聞紙くらい片づけてくれよ。



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック