2013年06月24日 (月) | 編集 |
日本代表のコンフェデ杯が終わってしまいました。
来年のブラジルW杯の予行演習も兼ねた大会で、
朝のTV中継が多く、
これならW杯も
仕事の邪魔にならずに見ることができそうです。
前回の南アフリカ大会は真夜中の中継で眠かったなあ…

日本代表は結局勝ち点を1ポイントもとれずに予選リーグ敗退。
まあ、この結果をどう見るか?
いろいろな方がいろいろなことを述べていますが、
「大昔」にサッカーをやっていた人間からすると、
当時の「誰」が世界で戦うことを予想できたかって話です。
すげえ、の一言。
こんな日が来るとは…
「リメンバー・ドーハ!」
やっぱり「誰か」が本気で日本を強くしたい、
とアクションした結果なんでしょうね。
あとは、経験の差。
それは選手だけに限らず、協会、スタッフ、
そしてサポーターやこれを取り巻く社会全体の経験が…

2002年に札幌ドームで
アルゼンチンVSイングランド戦を生で見ました。
その空間は、もはや日本ではなかった。
サッカーという「文化」が根付いている国々とそうでない我が国。
(よくも悪くも「文化」なのでしょう。フーリガンは怖かった)
これは経験が時間をかけて作り上げていくもの。
これからの日本代表が楽しみです。

コンフェデ杯の決勝トーナメント。
どこが優勝するのか楽しみです。
他国同士の試合は、落ち着いてプレーを楽しめますね。

DSC_0294縮小版

エサを欲しい時に立ち上がるねこのノエル。
そのまま二足歩行でサッカーもできそう。
ノエルもコンサドーレ札幌を応援しよう!
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック