2017年04月12日 (水) | 編集 |
本日、ノエルの四十九日の法要をしました。
はやいなあ…
もうそんなに経ったんですね…

家族でお経をあげ、
ノエルを偲んで晩餐をしました。

小生も、もう迷いはありません。
ノエルがお浄土で安らかに過ごしていることを確信します。
ノエル、本当にありがとうね!

DSC_5806縮小版
special thanks for Eさん(夏希さんの親友さん)
素敵な写真をありがとうございました。
これ以上ない素晴らしいプレゼントでした。
宝物にします。

そして、夏希さんのブロ友のみなさん、
小生のブログにまでメッセージをくださり、
本当にありがとうございました。
涙なくして読めませんでした。
心から感謝感謝です。
立ち直る大きな大きなチカラになりました。

ノエルは亡くなりましたが、
「ねこのノエルと趣味の日々」は
まだまだ続けます。
これからも、よろしくお願いします!

by 吉之亟

2017年04月08日 (土) | 編集 |
いよいよ春スキーもシーズンイン!
…ということで、夏希さんと上の子の3人で、
4月1日に春キロロに行ってまいりました。

DSCF1165縮小版
おお、で~んと余市岳が迎えてくれました。
自宅から余市岳が小さく小さく見えるのですが、
いつも眺めて焦がれているのでした。

DSCF1166縮小版
よく見るとコルにバックカントリースキーヤーのツアーが見えます。
小生もいつか…

天気は快晴! 雪質最高!
夏希さんは初キロロ!
とっても気に入り、「もっかい来たい!」との弁が出る程。
長峰のコブ斜面も今日は下から見るだけ。
のんびり、ゆったり、肩の力を抜いて心からスキーを楽しみました。

春シーズン営業直前ということで、
朝里コースがまだ開いていました。
実は小生、このリフトが動いているのを見るのも、
このリフトに乗るのも初めてなのでした。

DSCF1168縮小版
日本海もきれいに見えました。
尖っているのは余市町のシリパ岬。
小生、夏冬はこの岬を見ながら育ちました。
夕張岳、冷水山と並んで、小生の三大原風景です。

im1-2縮小版
冷水山で思い出しましたが、
前回レースイに行った時のおまけ写真。
メロン熊にかじられました。
驚愕の新事実!
何と、メロン熊の後頭部は、
パカッと開いて、オレンジ色の果肉が見えるのでした!

恒例、夏希さんが小生の滑りを動画で撮ってくれました。
小生の脚前は、右の「ハーブ&スパイス」からどうぞ!

春スキーはまだまだ続きます。

DSCF0115縮小版
ああ、ピンクの肉球恋し…



2017年03月28日 (火) | 編集 |
日曜日にMtレースイで開かれた
パドルクラブのスキー試乗会に行ってきました。

DSCF1158縮小版
とっても良い天気。
夕張岳が光っています。

DSCF1140縮小版
おお、わが母校、千代田中学校。
数年前に閉校し、
最後の卒業式に参列させていただき、
中学生と一緒に涙ながらに校歌を熱唱してきました。
これで保育園、小学校、中学校、高校と、
全て無くなったのでした。

話が横道に逸れてしまいました。
本題です。

DSCF1149縮小版
まずは、オガサカKS-CX。
小生あまりオガサカの板は相性良くないのですが、
ニューモデルはがらっと変わったとの前情報で、
試してみました。
選んだのは軽量化したセカンドモデル。
「軽い」ってことは、とっても素敵だと、
フォルクルプラチナムSDスピードウォールを
履いてみてよくわかりました。
…オガサカにありがちなヌルっとした感じが全くなく、
押せば跳ね返る楽~な滑りが可能。
それでいて安定感もしっかり。
小回りベースですが、大回りもいけました。
肩の力を抜いて楽しめる板。
…欲しい~っ!

DSCF1150縮小版
いつも試乗会で履くことができなかった板がこれ、
ロシニョールデモアルファR-21レーシング。
何を隠そう、小生足が小さく、ブーツのソールサイズが300ありません。
そのため、いつもいつも履けなかったのです。
因みに愛板はデモアルファソフト。
愛しちゃってます!
ただし、デモアルファは残念ながら162センチしかなく、
この長さだと、なめらかな感じがせず、ガツガツしていました。
…167試して~っ!

DSCF1154縮小版
3本目は本命、
ヘッドワールドカップレベルズ i スピード。
ロングターン用の板が欲しいので、
試乗会の時は毎回履いています。
今回は激混みでなかなか順番が回ってきませんでしたが、
やっぱり安定しています。
トップからしっかり弧を作って行けました。
ただ、i GS - RD の方がもっとガンガン行けそうです。
… i GS もっかい乗りて~っ!

DSCF1152縮小版
今回イチ押しの板、
ロシニョールHEROマスターR21WC M-18。
低速から高速まで吸い付くような安定感。
トップの食い込みからテールの抜け出しまで、
とことん弧を描く楽しみが堪能できます。
もちろん大回りの走りも抜群ですが、
小回りも結構いけました。
次回試乗会で、いろいろな長さを試したい一台。
他のHEROシリーズも乗ってみたいと思いました。
これ合ってるわ!
…欲しい~っ!!!!

4月に入っても試乗会はまだまだ続きます。
次はキロロかな…!?

DSCF4206縮小版
トイレ掃除する夏希さんから離れないノエル。
幸せそうな顔をしていました。






2017年03月21日 (火) | 編集 |
日曜日に歌志内市のかもい岳で
テクニカルプライズの検定会がありました。
岩見沢連盟テクニカルコースの受講生さん5名も受けるので、
そのサポートとVTR撮影に行ってきました。

DSC_5785縮小版
当日は快晴で雪がよく締まっており、
最高のコンディションです。
今回は毎年使っている最急斜面のバーンではありませんでした。

DSC_5782縮小版
スタート付近からは、石炭の露天掘りが見えます。

DSC_5789縮小版
不整地小回りも西側のコブ斜面ではなく、
東側に作られたコブ斜面でした。

小生が受検した時より、ゆるいなあ。

DSC_5794縮小版
閉会式の様子です。
受検者は全部で50人。
合格者は何と11人!
テクニカルコースからも2名が合格!
おめでとうございます。

前走は技術選を終えたばかりの小森彩未SAJデモ。
小生が合格したときも小森デモでしたが、
あの時より格段に巧くなっていました。
来年の技術選もがんばってください!

閉会式で小森デモも言っていましたが、
全般的に体を倒しすぎる傾向が見られました。
その結果、谷回りが軽くなりすぎて、
しっかりと板に働きかけることができていません。
ターンの切り替えから素早く板を踏んでいく操作が、
今後ますます求められていくでしょう。
技術選の動画でチェックしてみると
よくわかると思います。
踏めていない人は板のR通りしかターン弧を描けず、
浅いターンになっていました。
合格した人との差が、
そこに出ていたと思います。

いずれにせよ、テクコースのおふたりさん、
合格おめでとうございました。
雪が解けたら、祝勝会をやりましょう。
今回涙を飲んだみなさん、
きっちり修正して、合格目指してがんばってください。

DSCF4441縮小版
在りし日のノエルです。
猫は暖かいところを見つける名人ですね。




2017年03月14日 (火) | 編集 |
3月12日(日)をもって、
わがホームゲレンデ「萩の山スキー場」がクローズしました。
標高が低く、南斜面の通称「ハギー」は、
例年雪ぐされが早く、3月中旬にはクローズします。
記録的少雪の今季は、更に早かった…

DSC_5455縮小版
写真は12月11日のハギーのジャイアントコースです。
ハギーの中で一番の急斜面。
われらの練習コース。
この写真はオープン直前。

DSC_5456縮小版
よく見ると、オープンを待ち切れず、
担いで登り、滑ったスキーヤー&ボーダーのシュプールが。

3月は例年、ハギークローズの1週~2週前に、
このジャイアントコースが先にクローズします。
先日も、小生は動いているリフトを降りてから、
面倒にも、えっちら登ってこのコースを滑ったのでした。
キツい、でも楽しい…
我ながら、ご苦労さん!

さて、今季から基礎スキー最高峰の国内大会、
「全日本スキー技術選手権大会」が北海道にやってきました。
要は、日本で一番巧いスキーヤーを決める大会です。
ザワ(岩見沢)からも選手が出場しているので、
応援に行きたかったのですが、
仕事が空かず、例年通りザワから応援しました。

われらが尾崎勇紀選手はスーパーファイナルに残り、
全体の26位でした(最高位25位)。
来年は最高位更新も行けそうです。
がんばれ尾崎選手!

鴨野俊行選手は41位、
女子の部では鴨野里奈選手が25位と、ザワ勢頑張りました。

毎年応援している、かもい岳連盟の小森彩未選手は28位。
来季はもっと上位に行けるようがんばってほしいです。
応援しています!

来週はその「かもい岳」でテク検があります。
岩見沢連盟テクコースの受講生も受検します。
小生はそのサポートとビデオ撮りに行きます。
受講生のみなさん、がんばってください!

それが終われば、いよいよ「春キロロ」が待っています。
今から楽しみです。

DSCF4145縮小版
若きノエルの面白写真です。
はっ、腹が…